今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  5. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール

Windows8/8.1 - ファイルやフォルダーの圧縮と展開 - zip形式

スポンサーリンク

Windows8/8.1で、ファイルやフォルダーを圧縮・展開する方法を紹介します。

Windowsにはデフォルトの機能として、ファイルやフォルダーをzip形式に圧縮・展開する機能がついています。エクスプローラー上のマウス操作で簡単に圧縮・展開できるので覚えておくと便利ですね。

ファイルやフォルダーを圧縮

windows8-zip-unzip-files-00
Windowsへサインインし、デスクトップでエクスプローラーを起動します。

windows8-zip-unzip-files-01
圧縮したいフォルダ(あるいはファイル)を選択し(ここでは「ポエム」フォルダー)、上部メニューの「共有」をクリックします。

windows8-zip-unzip-files-02
クリックすると共有のサブメニューが表示されるので、その中から「Zip」をクリックします。

クリックするとZip形式への圧縮がはじまります。

windows8-zip-unzip-files-03
圧縮が完了すると圧縮したフォルダーの名前を変更することができるので、適当に名前をつけEnterキーを押します。

windows8-zip-unzip-files-04
これでフォルダーの圧縮は完了です。

ここでは「ポエム」フォルダーを「ポエム圧縮.zip」に圧縮しました。圧縮元の「ポエム」フォルダーは、そのまま残っています。

圧縮フォルダーにファイルを追加

圧縮フォルダーにはファイルを追加することができます。

windows8-zip-unzip-files-05
追加したいファイルを圧縮フォルダーへドラッグ&ドロップしましょう。これだけでOKです。

スポンサーリンク

圧縮フォルダーの中身を確認

windows8-zip-unzip-files-06
圧縮フォルダーをダブルクリックします。

windows8-zip-unzip-files-07
ダブルクリックすると圧縮フォルダーの中身が確認できます。

圧縮フォルダーの中身のファイルやフォルダーを別の場所へドラッグ&ドロップすると取り出すこともできます。

圧縮フォルダーを展開

windows8-zip-unzip-files-08
展開したい圧縮フォルダーを選択し(ここでは「ポエム圧縮.zip」)、上部メニューの「展開」をクリックします。

windows8-zip-unzip-files-09
クリックすると「展開」のサブメニューが表示されるので、「すべて展開」をクリックします。

windows8-zip-unzip-files-10
クリックすると「圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開」ウィンドウが表示されるので、「展開する場所」を選び、完了時に展開されたファイルを表示」するかどうかにチェックを入れ、「展開」をクリックします。

windows8-zip-unzip-files-11
「完了時に展開されたファイルを表示する」にチェックを入れた場合は、このように展開されたフォルダーが表示されます。

関連記事(一部広告含む)