今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

PHPのパスを通す - XAMPPの使い方

スポンサーリンク

XAMPPのPHPへパスを通す方法を解説します。

XAMPPは、「コントロール」→「Shell」からphpコマンドを使うことができます。しかし、いちいちXAMPPを起動するのは、めんどくさいですね。
» コマンドラインからPHPを実行

そこで、XAMPPのPHPへパスを通しておきましょう。

スポンサーリンク

PHPのパスを通す方法 - 環境変数の設定

XAMPPのPHPフォルダを環境変数のPATHに追加します。環境変数についてはこちらを参考にしてください。

xampp-php-path-00
「システムのプロパティ」から「環境変数」をクリックします。

xampp-php-path-01
「システム環境変数」から「Path」を選択し、「編集」をクリックします。

xampp-php-path-02
「変数値」の末尾に「;\xampp\php」を追加し、「OK」をクリックします。

xampp-php-path-03
「OK」をクリックします。

これで、環境変数の設定は完了です。次は、設定したPHPが適切に動作するかを確認しましょう。

PHPの動作確認

コマンドプロンプトを起動します。以下のコマンドを実行し、PHPのバージョン情報が表示されればOKです。

C:\>php -v
PHP 5.4.16 (cli) (built: Jun  5 2013 21:01:46)
Copyright (c) 1997-2013 The PHP Group
Zend Engine v2.4.0, Copyright (c) 1998-2013 Zend Technologies

また、whereコマンドを実行し、先ほど設定したPHPのパス情報が表示されればOKです。

C:\>where php
C:\xampp\php\php.exe

xampp-php-path-04

スポンサーリンク

関連記事と広告