Windows8/8.1 - 管理者としてコマンドプロンプトを起動する方法

Last Update:

Windows8で管理者としてコマンドプロンプトを起動する方法を紹介します。

プログラムのサービスを登録・起動・停止やインストールなどなど……案外!管理者としてコマンドプロンプトを起動することが多いでしょう。

管理者としてコマンドプロンプトを起動すると標準ユーザーでは変更できないファイルなどをバッチ処理で設定できるようになります。

ここでは「クイックアクセスメニュー(高度なコンテキストメニュー)」「エクスプローラーのメニュー」から「管理者としてコマンドプロンプトを起動」する方法をを紹介します。

クイックアクセスメニュー

command-prompt-05
「Windows」キーを押しながら「X」キーを押すとクイックアクセスメニューが表示されるので、その中から「コマンドプロンプト(管理者)」をクリックします。

クリックすると「コマンドプロンプト」が管理者として起動されます。

エクスプローラーのメニュー

次はエクスプローラーから起動する方法をみてみましょう。

command-prompt-06
まず、デスクトップの左下からエクスプローラーを起動します。

command-prompt-07
左カラムにある「コンピューター」→「ローカルディスク (C:)」をクリックします。

command-prompt-08
上部メニューの「ファイル」をクリックするとサブメニューが表示されるので、その中から「コマンドプロンプトを管理者として開く」をクリックします。

これで「コマンドプロンプト」が管理者として起動されます。

Windows8/8.1の使い方

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. 不要なサービスを停止 - Windows8を高速化(軽くする)
  2. サービスの設定(自動・手動/開始・停止) - Windows8
  3. レジストリエディターの起動方法 - Windows8
  4. Windows8/8.1 - イベントビューアでWindowsログを確認する方法
  5. 32ビット版か64ビット版かを確認 - Windows8
  6. システムの復元ポイントを作成・以前の状態に戻す - Windows8
  7. コンピューター名の確認 - Windows8
  8. USBメモリやCDなどの自動再生を無効に - Windows8
  9. Windows Superfetch を無効にする方法 - Windows8
  10. ローカルグループ ポリシー エディターの起動 - Windows8
  11. コマンドプロンプトの起動 - Windows8
  12. Windows8/8.1 - 管理者としてコマンドプロンプトを起動する方法
  13. Windows8 エディションとバージョンの確認
  14. Windows8 - システム情報の確認 - OS、CPU、BIOSなど
  15. Windows8/8.1 - バックグラウンド サービスを最適なパフォーマンスに調整

関連記事(一部広告含む)