MENU

Excelのエラーチェックルールを設定・変更する方法

Excelのエラーチェックルールを設定・変更する方法を紹介します。

Excelにエラーチェックを行うように設定し

セルにエラーが生じた場合は、このようにエラーマークが表示されます。

エラーマークの色は変更することもできます!

エラーをチェックするルールは設定・変更することができます。また、エラーチェックは無効にすることもできるので、ここではそれらの方法をみていきます。

エラーチェックルールの設定・変更

それでは実際にエラーチェックルールを設定・変更してみましょう。

[ファイル]タブ

上部の[ファイル]タブをクリックし

Excelのオプション

左下の[オプション]をクリックしましょう。

エラーチェックを有効に

Excelのオプションです。
①左メニューの[数式]を選択
②[バックグラウンドでエラーチェックを行う]にチェックを入れましょう。

エラーマークルールの設定

エラーチェックルールの設定です。
必要なエラールールにチェックを入れ不要なルールにはチェックを外しましょう

エラー結果となる数式を含むセル領域内のセルを除いた数式
テーブル内の矛盾した集計列の数式数式を含むロックされてないセル
2桁の年が含まれるセル空白セルを参照する数式
文字列形式の数値、またはアポストロフィで始まる数値テーブルに入力されたデータが無効
領域内の他の数式と矛盾する数式誤解を招く数値の書式
更新できないデータが含まれているセル

④[OK] をクリックします。

これでエラーチェックツールの設定・変更は完了です。

エラーチェックを無効に

エラーチェックが不要な場合は無効にしておきましょう。次の手順で無効にします。

手順
  1. 上部[ファイル]タブを選択し
  2. 画面左下の[オプション]をクリックします。
  3. Excelオプションです。左メニューの[数式]を選択
  4. [バックグラウンドでエラーチェックを行う]からチェックを外し、[OK]をクリックします。

Excelのエラーは無視することもできます。

Excelの関連記事

その他、Excelの関連記事も合わせてご覧ください。