MENU

Excelのエラーを無視する方法

Excelのエラーを無視する方法を紹介します。

Excelのセルに入力した数式がエラーチェックルールに抵触した場合

このようにセルの左上に「緑色の三角形」のエラーマークが表示されます。

エラーマークの色を変更する方法は?

これが既知のエラーの場合、エラーマークがわずらわしいので、ここではエラーを無視する方法をみていきます。

エラーを無視することで「緑色の三角形」は非表示になります。

エラーを無視する

それでは実際にエラーを無視してみましょう。

セルを選択し「!」をクリック

エラーを無視したいセルを選択すると、「!」が表示されるので、それをクリックします。

エラーを無視する

[エラーを無視する]をクリックします。

エラーマークが非表示に

すると、このようにエラーマークが非表示になります。

エラールールを変更することで、エラーを非表示に!

無視したエラーのリセット

無視したエラーをリセットする方法をみていきます。

エラーをリセットすることで、再度エラーマークを表示することができます。

上部の[ファイル]タブをクリックし

Excelのオプション

左下の「オプション」をクリックしましょう。

無視したエラーのリセット

Excelのオプションです。
①左メニューの[数式]を選択
②[無視したエラーのリセット]から色を選びましょう。
③[OK]をクリックします。

エラーマークの確認

すると、このようにエラーマークが再度表示されます。

エラーチェックを行わないように設定

エラーを無視するのではなく、そもそもエラーチェックを行わないように設定することもできるので、合わせてご覧ください。

上部の[ファイル]タブをクリックし

Excelのオプション

左下の「オプション」をクリックしましょう。

バックグラウンドでエラーチェックを行わない

Excelのオプションです。
①左メニューの[数式]を選択
②[バックグラウンドでエラーチェックを行う]からチェックをはずし
③[OK]をクリックします。

エラーマークの確認

すると、このようにエラーマークが非表示になります。エラーチェックが行われなくなります。

Excelのエラーチェックルールを変更する方法は?

バックグラウンドでエラーチェックを行う

再度、バックグラウンドでエラーチェックを行うように設定する場合は次の手順で行います。

まずは、Excelのオプションを表示します。
①左メニューの[数式]を選択
②[バックグラウンドでエラーチェックを行う]にチェックを入れ
③[OK]をクリックします。

これで再度、エラーチェックを行うようになります。

Excelのショートカットキーをまとめてみました!

ExcelのTips

その他、ExcelのTipsも合わせてご覧ください。