Dropboxアカウント - 2段階認証を無効(オフ)にする方法

Dropbox の2段階認証を無効(オフ)にする方法を紹介します。

2段階認証を無効(オフ)にすると、メールアドレスとパスワードを入力するだけで Dropbox にログインできますが、セキュリティは低下するので、特に理由がない場合は2段階認証を有効(オン)にしておいたほうがいいでしょう。

Dropbox - 2段階認証を無効(オフ)に

それでは実際に設定してみましょう。


まずは Dropbox に2段階認証でログインしましょう。


ログインしました。

画面左上の「ユーザー」アイコンをクリックします。


すると、このようにメニューが表示されるので

その中から「設定」をクリックします。


アカウント設定です。

「セキュリティ」をクリックします。


セキュリティの設定です。

2段階認証のステータスのところにある「クリックして無効にする」をクリックします。


すると、次のポップアップが表示されるので

2段階認証を無効にする
セキュリティを確保するために、次のアカウントのパスワードを入力してください。


「パスワード」を入力し、「次へ」をクリックします。


すると、次のポップアップが表示されるので

2段階認証を無効にする
2段階認証を無効にすると、メールアドレスとパスワードを入力するだけで Dropbox ウェブサイトにログインしたり、新しいデバイスをリンクしたりできます。

「2段階認証を無効にする」をクリックします。


これで「2段階認証が無効に」なりました。


2段階認証のステータスも「無効」になります。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Dropbox関連の人気記事

  1. Dropboxのリンクを解除
  2. Dropboxの使い方と設定
  3. Windows10 - Dropboxのダウンロードとインストール
  4. Dropbox - ログインとログアウトする方法 - ブラウザー
  5. Dropbox - 同期を一時停止
  6. Windows - Dropboxの基本設定
  7. Mac - Dropboxのダウンロードとインストール
  8. Dropboxアカウント - メールアドレス・パスワードの変更
  9. Dropboxアカウントの削除方法
  10. Macアプリ「Dropbox」 - 同期しないフォルダを設定(選択型同期)
  11. Mac - Dropboxの基本設定
  12. iPhone/iPadアプリ「Dropbox」- 新しいテキストファイルを作成する
  13. Windowsストア・アプリ「Dropbox」のインストールとログイン
  14. Dropbox - 使用容量/最大容量を確認する方法
  15. Dropbox - スタートガイドで容量アップ

関連記事(一部広告含む)