Windows 11 - 開発者モードをオンにする方法

windows 11 developer mode

Windows 11 の開発者モードをオンにする方法を紹介します。

開発者モードは、サードパーティアプリのインストールやテストできるようになります。開発者モードをオンにすることで、Microsoft Store の外でアプリを開発およびテストできるため、開発者とテスターの方は必要であればオンにしておきましょう。

開発者モードをオンにすると、Microsoft Store 以外からアプリをインストールして実行する場合などに、デバイスと個人データがセキュリティ上のリスクにさらされる可能性や、デバイスに問題が起こる可能性があります。

開発者モードをオンにする方法は?

Windows 11 の開発者モードをオンにする方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する

    enable developer mode windows 11 01

    1. [スタートボタン] を右クリックし
    2. [設定] を選択します。
  2. [システム] → [開発者向け] を選択する

    enable developer mode windows 11 02

    1. 設定の左メニュー [システム] を選択し
    2. [開発者向け] を選択しましょう。
  3. [開発者モード] のトグルスイッチをクリックする

    enable developer mode windows 11 03
    デフォルトでは [開発者モード] は [オフ] になっているので、トグルスイッチをクリックしましょう。

  4. [はい] を選択する

    enable developer mode windows 11 04
    「開発者向け機能を使う」ウィンドウで「開発者モードをオンにしますか?」と表示されるので、[はい] をクリックしましょう。

  5. [開発者モード] がオンになる

    enable developer mode windows 11 05
    [開発者モード] がオンになりました。これで設定完了です。

以上で Windows 11 の開発者モードをオンにする方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事