Google Chrome - ページのプリロードを設定する方法(オン/オフ)

google chrome preload

Google Chrome のページのプリロードを設定する方法を紹介します。

プリロードを有効にすると、ページの閲覧や検索が高速になります。

Google Chrome はアクセスする可能性の高いページをあらかじめ読み込むことで、該当のページにアクセスしたときのページの読み込み速度が高速になります。

ただ、あらかじめ読み込まれたページはメモリ上に格納されるため、メモリの使用量が増えてしまいます……。メモリの使用量が気になる方は「プリロードを無効に」、高速を求める方は「プリロードを有効に」設定しておきましょう。

ページのプリロードを設定する方法は?(オン/オフ)

Google Chrome のページのプリロードを設定する方法は次の手順です。

  1. [Google Chrome] を起動する

    まずは、Google Chrome を起動しましょう。

    Google Chromeのダウンロード・インストールする方法」はこちらをご覧ください。

  2. [設定] を開く

    Google Chrome が起動したら、画面右上の [︙] → [設定] を選択します。

  3. [パフォーマンス] を選択する

    設定の左メニュー [パフォーマンス] を選択します。

  4. [ページのプリロード] を設定する(オン/オフ)

    ページのプリロードを設定しましょう。

    enable preload pages chrome 01
    閲覧と検索を高速にしたい方は [オン] にしましょう。メモリの使用量が気になる方は [オフ] にしましょう。

  5. 拡張プリロード/標準プリロードとは?

    プリロードには [拡張プリロード] と [標準プリロード] が用意されています。

    enable preload pages chrome 02

    • 拡張プリロード
      プリロードされるページ数が増加します。
    • 標準プリロード
      アクセスするページの一部はプリロードされます。

    より高速を求める方は、[拡張プリロード] を選択しましょう。

Google Chrome の人気記事