MENU

フリーソフト「USBメモリのセキュリティ」の使い方 – Windows10

Windows10で、フリーソフト「USBメモリのセキュリティ」の使い方を紹介します。

目次

USBメモリのセキュリティ

フリーソフト「USBメモリのセキュリティ」は、USBメモリやSDカードを暗号化し、パスワードを設定することができます。

ただし、無料版で使える容量が4GBまでに制限されます(USBメモリの容量が4GB以上あっても)。

ダウンロードとインストール

まずは、フリーソフト「USBメモリのセキュリティ」をダウンロード・インストールしましょう。

手順
  1. USBメモリのセキュリティ」にアクセスし
  2. 「無料版を今すぐダウンロード」をクリックします。
  3. エクスプローラーの「ダウンロード」フォルダーへ移動し、ダウンロードした「usbenter.zip」を展開します。
  4. 展開したフォルダー内にある「UsbEnter_Setup.exe」を起動します。
  5. 「USBメモリのセキュリティ」のセットアップ・ウィザードが表示されるので、指示に従いインストールしましょう。

USBメモリのセキュリティの使い方

フリーソフトをインストールしたら、「USBメモリのセキュリティ」を使ってみましょう。

データのバックアップ

「USBメモリのセキュリティ」を使うと、USBメモリのデータは消去されます。データをバックアップしておきましょう。

バッファロー
¥1,030 (2021/07/22 09:39時点 | Amazon調べ)

USBメモリをパソコンに接続

まずはパスワードでロックしたいUSBメモリをパソコンに接続しましょう。

USBメモリのセキュリティを起動

スタートメニューから「USBメモリのセキュリティ」を起動します。

ユーザーアカウント制御

ユーザーアカウント制御です。「はい」をクリックします。

USBメモリのセキュリティ

①「USBメモリのセキュリティ」をインストールするUSBメモリを選択し、②「インストール」をクリックします。

①「USBメモリのセキュリティ」をインストールします。インストールするとUSBメモリのデータは消去されます。インストールしてもよろしいですか? ②データをバックアップしたら「OK」をクリックします。

ディスクのセキュリティ設定

①「パスワード」と②パスワード「ヒント」を入力し、③「OK」をクリックします。

①USBメモリのディスク容量は4GBになります。②問題なければ「確認しました。」にチェックを入れ、③「次へ」をクリックします。

①データは消去されます。②「データは消えてもかまいません。」にチェックを入れ、③「インストール開始」をクリックします。

インストールは完了しました。「閉じる」をクリックします。

これでUSBメモリがパスワードでロックされました。

暗号化したUSBメモリを読み書き

暗号化(パスワードでロック)したUSBメモリを読み書きしてみましょう。

エクスプローラーを起動し、①左メニューのUSBメモリを選択、②「UsbEnter.exe」を起動します。

すると、このようなウィンドウが表示されるので「閉じる」をクリックします。

ユーザーアカウント制御

ユーザーアカウント制御です。「はい」をクリックします。

パスワードの入力

①「パスワード」を入力し、②「OK」をクリックします。

データの読み書き

すると、このようにデータが読み書きできるようになります。

パスワードでロック

USBメモリの読み書きしたらが終了したら、パスワードでロックしておきましょう。

タスクバーの右の方にある「USBアイコン」をクリックし、「USB Flash Disk の取り出し」をクリックします。これでUSBメモリがパスワードでロックされます。

また、USBメモリが安全に取り外せるようになります。安心してUSBメモリを引っこ抜きましょう。

通常のUSBメモリに戻す

パスワードでロックされたUSBメモリから「USBメモリのセキュリティ」をアンインストールしてを通常のUSBメモリに戻す方法をみていきます。

スタートメニュー

「USBメモリのセキュリティ」を起動します。

ユーザーアカウント制御

ユーザーアカウント制御です。「はい」をクリックします。

USBメモリのセキュリティのアンインストール

①上部メニュー「操作」→②「アンインストール」をクリックします。

「アンインストールしてもよろしいですか?」と表示されるので、「OK」をクリックします。

処理は正常に終了しました。「OK」をクリックします。

これでUSBメモリの暗号化(パスワード)は解除されました。

BitLockerでUSBメモリを暗号化

Windows10 Pro を使用している方は「BitLocker」というWindowsの標準機能を使って、USBメモリを暗号化することができます。ご参考にどうぞ。

USBメモリにパスワードをかける

その他にもUSBメモリにパスワードをかける方法があります。合わせてご覧ください。

ファイルにパスワードを設定

USBメモリ丸ごとではなく、ファイルだけにパスワードを設定することもできます。用途に応じて使い分けましょう。ご参考にどうぞ。

Windows10の使い方

Windows10 の使い方や設定はこちらをご覧ください。

関連記事

目次
閉じる