Internet Explorer - プロキシサーバーの設定

Last Update:

社内や大学などの大規模なLAN(ローカルエリアネットワーク)でインターネットを利用する場合、外部インターネットへ接続するにはプロキシサーバーを経由しなけらばならないことがあります。

プロキシサーバーとは、内部LANと外部WAN(ワイドエリアネットワーク)の間を中継する機能をもつサーバーのことで、アクセスログを取得、高速なアクセスを実現するためにファイルをキャッシュ、有害なサイトのアクセス制御……などを行っています。

プロキシサーバーの設定

それでは、Internet Explorerのプロキシサーバーを設定してみましょう。

ie-proxy-settings-00
Windowへサインインし、Internet Explorerを起動します。

ie-proxy-settings-01
ウィンドウの右上にある「歯車マーク」をクリックします。

ie-proxy-settings-02
クリックすると設定メニューが表示されるので、「インターネットオプション」をクリックします。

ie-proxy-settings-03
クリックすると「インターネットオプション」ウィンドウが表示されるので、上部タブメニュー「接続」をクリックします。

ie-proxy-settings-04
「ローカルエリアネットワーク(LAN)の設定」欄の「LANの設定」をクリックします。

ie-proxy-settings-05
「LANにプロキシサーバーを使用する」にチェックを入れ

プロキシサーバーの

  • アドレス
  • ポート

を入力し「OK」をクリックします。

これで設定完了です。

「アドレス」「ポート」はネットワーク管理者、あるいは使用している環境の設定マニュアルを確認してください。

ie-proxy-settings-06
次に詳細設定をみてみましょう。

ie-proxy-settings-07
詳細設定をクリックすると「HTTP」「Secure」「FTP」「Socks」といった通信の種類(プロトコル)ごとの設定や例外を指定することができます。

詳細設定は、SOCKSサーバー経由のSSH接続した環境で、Webページへアクセスする……などの場合に利用します。

普通は、あまり利用することはありません。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Internet Explorer関連の人気記事

  1. Internet Explorer - 保存したパスワードを確認(表示)する方法
  2. Internet Explorer - お気に入りをインポート/エクスポート
  3. Internet Explorer - 起動時のホームページを変更
  4. Internet Explorer - オートコンプリートの設定
  5. Internet Explorer - プロキシサーバーの設定
  6. Internet Explorer - インターネットの閲覧履歴を削除
  7. Internet Explorer - Webページに使われるフォントを変更する方法
  8. Internet Explorer - Yahoo!ツールバーを削除
  9. Internet Explorer - ポップアップ ブロックを有効/無効にする方法
  10. Internet Explorer - インターネットの閲覧履歴の保存日数を変更
  11. Internet Explorer - Googleをアドレスバーの検索エンジンに設定
  12. Internet Explorer - セキュリティレベルを変更
  13. Internet Explorer のバージョンを確認
  14. Internet Explorer - SmartScreenフィルター機能を有効/無効にする方法
  15. Internet Explorer - 終了時に閲覧履歴を削除

関連記事(一部広告含む)