Internet Explorer - 終了時に閲覧履歴を削除

Last Update:

Internet Explorerの終了時に閲覧履歴を削除する方法を紹介します。

インターネットの閲覧履歴を他の人に見られるのは、かなり恥ずかしいですね。閲覧履歴を見られてしまうと自分の趣味、ほしいもの、興味を持っていることなどなど……がすべて丸裸になってしまいます……。

特に!家族などの複数人で使用しているパソコンでは、注意が必要です!

定期的に閲覧履歴を削除すればいいのですが、うっかり忘れてしまうことが多いですね。そこで、ここでは「Internet Explorer」を終了するときにインターネットの閲覧履歴を削除する方法を紹介します。

その他にも「閲覧履歴を手動で削除」「閲覧履歴の保存日数を変更」することもできるので、こちらもあわせてご覧ください。

終了時に履歴を削除

Windowsへサインインし、Internet Explorerを起動します。

ie-delete-browsing-history-exit-00
画面の右上にある「歯車マーク」をクリックします。

ie-delete-browsing-history-exit-01
クリックすると設定メニューが表示されるので、その中から「インターネットオプション」をクリックします。

ie-delete-browsing-history-exit-02
クリックすると「インターネットオプション」ウィンドウが表示されるので、「閲覧の履歴」の「終了時に閲覧の履歴を削除する」にチェックを入れ「OK」をクリックします。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Internet Explorer関連の人気記事

  1. Internet Explorer - 保存したパスワードを確認(表示)する方法
  2. Internet Explorer - お気に入りをインポート/エクスポート
  3. Internet Explorer - 起動時のホームページを変更
  4. Internet Explorer - オートコンプリートの設定
  5. Internet Explorer - プロキシサーバーの設定
  6. Internet Explorer - インターネットの閲覧履歴を削除
  7. Internet Explorer - Yahoo!ツールバーを削除
  8. Internet Explorer - ポップアップ ブロックを有効/無効にする方法
  9. Internet Explorer - Googleをアドレスバーの検索エンジンに設定
  10. Internet Explorer - Webページに使われるフォントを変更する方法
  11. Internet Explorer - インターネットの閲覧履歴の保存日数を変更
  12. Internet Explorer - SmartScreenフィルター機能を有効/無効にする方法
  13. Internet Explorer のバージョンを確認
  14. Internet Explorer - セキュリティレベルを変更
  15. Webサイトを「お気に入り」に追加 - Internet Explorer

関連記事(一部広告含む)