今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  5. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール

Internet Explorer - 終了時に閲覧履歴を削除

スポンサーリンク

Internet Explorerの終了時に閲覧履歴を削除する方法を紹介します。

インターネットの閲覧履歴を他の人に見られるのは、かなり恥ずかしいですね。閲覧履歴を見られてしまうと自分の趣味、ほしいもの、興味を持っていることなどなど……がすべて丸裸になってしまいます……。

特に!家族などの複数人で使用しているパソコンでは、注意が必要です!

定期的に閲覧履歴を削除すればいいのですが、うっかり忘れてしまうことが多いですね。そこで、ここでは「Internet Explorer」を終了するときにインターネットの閲覧履歴を削除する方法を紹介します。

その他にも「閲覧履歴を手動で削除」「閲覧履歴の保存日数を変更」することもできるので、こちらもあわせてご覧ください。

終了時に履歴を削除

Windowsへサインインし、Internet Explorerを起動します。

ie-delete-browsing-history-exit-00
画面の右上にある「歯車マーク」をクリックします。

スポンサーリンク

ie-delete-browsing-history-exit-01
クリックすると設定メニューが表示されるので、その中から「インターネットオプション」をクリックします。

ie-delete-browsing-history-exit-02
クリックすると「インターネットオプション」ウィンドウが表示されるので、「閲覧の履歴」の「終了時に閲覧の履歴を削除する」にチェックを入れ「OK」をクリックします。

関連記事(一部広告含む)