今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  5. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール

Internet Explorer - プライバシーのレベルを変更

スポンサーリンク

Internet Explorerでプライバシーのレベルを変更する方法を紹介します。

プライバシーレベルの設定では、ファーストパーティやサードパーティのクッキー(Cookie)を受け入れる、あるいはブロックする設定をします。

Cookieとは、ユーザーのログイン情報、日時などとともにユーザー設定をブラウザー経由でコンピューターに保存する機能のことです。利用者が次回サイトを訪れたときに、以前設定したユーザー設定をそのまま利用できるため、利便性の高くなります。

しかし、悪意があるサイトでは、Cookieを利用してユーザーの情報を引き出そうとするので、プライバシーレベル設定が必要になってきます。

それでは設定方法をみていきましょう。

プライバシーのレベルを設定

ie-privacy-settings-00
Internet Explorerを起動し、画面の右上にある「歯車マーク」をクリックします。

ie-privacy-settings-01
クリックするとメニューが表示されるので、「インターネットオプション」をクリックします。

ie-privacy-settings-02
クリックすると「インターネットオプション」ウィンドウが表示されるので、上部タブメニュー「プライバシー」をクリックします。

ie-privacy-settings-03
プライバシーのレベルをバーで変更します。レベルごとのプライバシー詳細は以下の通りです。

スポンサーリンク
  • すべてのCookieをブロック
    - すべてのWebサイトからのすべてのCookieをブロックします。
    - 既にこのコンピューターにあるCookieは読み込まれません。

  • - コンパクトなプライバシーポリシーのないCookieをブロックします。
    - 個人を特定できる情報を明示的な同意なしに保存するCookieをブロックします。
  • 中-高
    - コンパクトなプライバシーポリシーのないサードパーティCookieをブロックします。
    - 個人を特定できる情報を明示的な同意なしに保存するサードパーティのCookieをブロックします。
    - 個人を特定できる情報を暗黙的な同意なしに保存するファーストパーティCookieをブロックします。

  • - コンパクトなプライバシーポリシーのないサードパーティCookieをブロックします。
    - 個人を特定できる情報を明示的な同意なしに保存するサードパーティのCookieをブロックします。
    - 個人を特定できる情報を暗黙的な同意なしに保存するファーストパーティCookieを制限します。

  • - コンパクトなプライバシーポリシーのないサードパーティCookieをブロックします。
    - 個人を特定できる情報を明示的な同意なしに保存するファーストパーティCookieを制限します。
  • すべてのCookieを受け入れる
    - どのWebサイトのCookieでも保存します。
    - 既にこのコンピューターにあるCookieは、それを作成したWebサイトから読み取ることができます。

ie-privacy-settings-04
「詳細設定」をクリックすると、プライバシーに関する詳細を設定することができます。

ie-privacy-settings-05
「自動Cookie処理を上書きする」にチェックを入れ、ファーストパーティとサードパーティのCookieを「承諾する」「ブロックする」「ダイアログを表示する」から選択します。

関連記事(一部広告含む)