今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 October 2018 Update(1809)へアップデートする方法
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Windows10 の使い方と設定

iPhone/iPad - QRコードカメラの使い方(コントロールセンター)

スポンサーリンク

iPhone/iPad の QRコードカメラの使い方を紹介します。

iPhone/iPad の内蔵カメラは、QRコードをスキャンすることもできるので、ここではその方法をみていきます。

ちなみに「QRコード」とは


このような正方形(2次元)のバーコードのようなもので、縦横(白黒)のパターンに多くの情報を格納することができます。

iPhone/iPad - QRコードカメラの使い方(コントロールセンター)

それでは実際に使い方をみていきます。

iPhoneX以降のデバイス。
画面右上から左下にスワイプし、コントロールセンターを表示しましょう。

iPhoneX以前のデバイス。
画面の下から上にスワイプし、コントロールセンターを表示しましょう。

コントロールセンターです。

「QRコード」アイコンをタップしましょう。

QRコードカメラ
内蔵カメラを使って、QRコードをスキャンします。コードが検出されたら、通知をタップするか、通知を下にドラッグしてその他のオプションを表示します。

「続ける」をタップします。

カメラでQRコードをスキャンすると……

このようにポップアップが表示されるので、それをタップしましょう。

スポンサーリンク

すると、このようにWEBサイトが表示されます。

コントロールセンターのカスタマイズ

コントロールセンターに「QRコード」アイコンがない場合は次の項目を確認しましょう。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

画面を下へスクロールし

「コントロールセンター」をタップします。

「コントロールをカスタマイズ」をタップしましょう。

このようにコントロールセンターに「QRコードをスキャン」を追加しましょう。

関連記事(一部広告含む)