Mac - QRコードの作成アプリ「QREncoder」

Last Update:

QRコードを作成するMacアプリ「QREncoder」を紹介します。

Macアプリ「QREncoder」

まずは、こちらからアプリ「QREncoder」をインストールしましょう。

QREncoder - Peter Nikolow

価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: グラフィック&デザイン
© Peter Nikolow

それでは実際にQRコードを作成してみましょう。


アプリ「QREncoder」を起動します。


QREncoder です。

まずは作成するQRコードの「Content」を選択しましょう。

  • Text
  • Calendar event
  • Contact information(vCard)
  • Contact information(meCard)
  • Email address
  • Phone number
  • SMS
  • URL
  • Wifi network
  • iTunes App Url
  • iTunes App Review Url
  • Android Market App Url
  • Foursqure Venue Url
  • Youtube URL for iOS
  • Tweet on Twitter

いろいろあります。ここでは「URL」を選択しました。


「Edit」をクリックし


URLを入力し、「OK」をクリックしましょう。


すると、このようにQRコードが作成されます(プレビュー)。


その他にも次のようなオプション設定があります。

  • Pirnting Scale(出力サイズ)
  • Error correction level(QRコードの汚れや破損による誤り補正機能)
  • Backgroud(QRコードの背景色)
  • Barcode(QRコードの色)
  • Type(Micro QRは、QRコードの縮小版)


オプション設定を変更すると、QRコードのプレビューにも反映されます。


作成したQRコードは

  • Copy to Pasteboard(クリップボードにコピー)
  • Save as PNG(PNG画像として保存)

することができます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  7. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  8. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  9. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  10. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  11. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  12. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  13. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  14. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  15. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期

関連記事(一部広告含む)