Mac - AirPods の自動切り替えを無効に

AirPodsの自動切り替えを無効にする方法を紹介します。

AirPods の「自動切り替え」とは、複数のAppleデバイス間を自動的に切り替えてくれる機能のことです。Appleデバイスで音楽を再生し始めると、AirPods が自動的に切り替わります。

このようにMacで、音楽を再生し始めると


AirPodsが自動的にMacに接続されます。

ひとつのAirPodsで、iPhone⇔Macといったように接続を切り替える「自動切り替え」機能ですが、AirPodsが意図せずに別のデバイスに奪われることがあるので、ここではこの機能を無効にする方法をみていきます。

AirPods の自動切り替えを無効に

それでは実際に設定してみましょう。


アップルメニューの「システム環境設定」をクリックしましょう。


システム環境設定です。「Bluetooth」をクリックします。


Bluetoothの設定です。まずは、AirPodsを接続しましょう。


接続したら、「オプション」をクリックします。

AirPodsのオプション


このMacに接続が「自動」になっているので


「このMacに前回接続していた場合」を選択しましょう。

これでAirPodsが自動的に切り替わらなくなります。

AirPodsの使い方

Macの使い方

関連記事(一部広告含む)

Exit mobile version