Mac - メールクライアント・アプリ「Spark」 - 初期設定

Last Update:

Macのメールクライアント・アプリ「Spark」とその初期設定を紹介します。

メールクライアント・アプリは、Macに標準搭載されている「メール」や「Arimail」……など、さまざまなアプリから選ぶことができます。

そんな中で、メールクライアントを選ぶ候補のひとつに挙げたいのが、今回紹介する「Spark」です。人気かつ無料のアプリなので、一度使ってみると使い心地を確かめてみるのもいいかもしれませんね。

Macアプリ「Spark」

まずは、こちらからアプリ「Spark」をインストールしましょう。

Spark - Love your email again - Readdle

価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
© 2015 - 2016 Readdle Inc.

mac-mail-client-app-spark-01
アプリ「Spark」を起動すると

mac-mail-client-app-spark-02
「Welcome to Spark / Love your email again」というウィンドウが表示されるので

mac-mail-client-app-spark-03
「Log In as New User」をクリックします。

mac-mail-client-app-spark-04
すると、次のようなメールサービスが表示されるので

  • Google
  • Exchange
  • Yahoo!
  • iCloud
  • Outlook
  • Other...

利用するサービスを選択しましょう。

ここでは「iCloud」を選択しました。

mac-mail-client-app-spark-05
次の項目を入力し

  • Title(オプションです。入力しなくてもOK)
  • Email
  • Password

mac-mail-client-app-spark-06
「Add」をクリックします。

mac-mail-client-app-spark-07
すると、アプリ「Spark」が連絡先にアクセスしようとするので「許可しない」「OK」のどちらかをクリックしましょう。

mac-mail-client-app-spark-08
アプリ「Spark」です。

このようにウィンドウの左上(青色部分)で、英語のチュートリアルがはじまります。みておきましょう。

mac-mail-client-app-spark-09
左カラムには次のようなカテゴリーがあります。

  • Smart Inbox
  • Inbox
  • Snoozed
  • Sent
  • Drafts
  • Pins
  • Archive
  • Spam
  • Tracsh

※ Smart Inbox が便利!

mac-mail-client-app-spark-10
真ん中には「メールのタイトル」

mac-mail-client-app-spark-11
右カラムには「メールの本文」が表示されます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  7. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  8. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  9. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  10. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  11. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  12. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  13. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  14. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  15. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期

関連記事(一部広告含む)