Mac - メールクライアント・アプリ「Airmail 3」

Macのメールクライアント・アプリ「Airmail 3」を紹介します。

Airmail 3 は

数多あるメールクライアント・アプリの中でもその使いやすさから人気のあるアプリのひとつで、iCloud、MS Exchange Gmail、Yahoo、AOL……などのさまざまなメールに対応しています。

ここではアプリのインストールから「iCloud」を使えるようになるまでの操作を紹介します。

Macアプリ「Airmail 3」

まずは、こちらからアプリ「Airmail 3」をインストールしましょう。

Airmail 3 - Bloop S.R.L.

価格: ¥1,200(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© Bloop 2016

mac-app-airmail-3-01
インストールしたアプリ「Airmail 3」を起動しましょう。

はじめてアプリを起動すると……

mac-app-airmail-3-02
このようなポップアップが表示されるので、「許可しない」「OK」のどちらかをクリックしましょう。

「Airmail 3」からカレンダーにアクセスしようとしています。

mac-app-airmail-3-03
また、次のようなポップアップが表示されるので、「許可しない」「OK」のどちらかをクリックしましょう。

「Airmail 3」からリマインダーにアクセスしようとしています。

mac-app-airmail-3-04
Airmail のウィンドウです。

メールアカウントを追加するために「サービス」をクリックしましょう。

mac-app-airmail-3-05
すると、次のような選択肢が表示されます。

  • Google
  • iCloud
  • Exchange
  • Yahoo
  • Outlook
  • Aol
  • IMAP
  • POP3

mac-app-airmail-3-06
ここでは「iCloud」を選択しました。

mac-app-airmail-3-07
iCloud メールアカウントの追加です。

次の項目を入力・選択しましょう。

  • 名前
  • メール
  • パスワード
  • ニュースレターを購読
  • 設定をiCloudに保存

mac-app-airmail-3-08
入力・選択肢たら、「追加」をクリックします。

mac-app-airmail-3-09
アカウントを作成・追加中です。

mac-app-airmail-3-10
アカウントの作成・追加が終わると、次のようなポップアップが表示されるので、「許可しない」「OK」のどちらかをクリックしましょう。

「Airmail 3」から連絡先にアクセスしようとしています。

mac-app-airmail-3-11
メーラーのウィンドウは

  • 左カラム:メールフォルダ
  • 中カラム:メールのタイトル
  • 右カラム:メールの本文

といった感じです。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  4. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  7. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  8. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  9. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  10. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  11. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  12. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  13. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  14. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  15. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う

関連記事(一部広告含む)