Mac - メールボックスのエクスポート(バックアップ)

Last Update:

Macでメールボックスのエクスポート(バックアップ)する方法を紹介します。

Macに標準搭載されているアプリ「メール」のデータをエクスポート(バックアップ)する方法をみていきます。

メーラーアプリを「メール」から他のアプリに変える場合などに、この操作が必要になります。

メールボックスのエクスポート(バックアップ)

mac-mail-export-01
まずは、Dockからアプリ「メール」を起動しましょう。

mac-mail-export-02
上部メニュー「メールボックス」をクリックします。

mac-mail-export-03
クリックすると「メールボックス」のメニューが表示されるので、その中から「メールボックスを書き出す」をクリックします。

mac-mail-export-04
すると、「メールボックスの書き出し先フォルダを選択してください」というポップアップが表示されるので、お好みのフォルダを選択し、右下の「選択」をクリックします。

mac-mail-export-05
すると、このようにメールボックス・ファイルが保存されます。メールからエクスポートされるファイルは、mbox形式というフォーマットで保存されます。

「mbox」とは、たくさんあるメールをひとつのファイルに保存するフォーマットのことで、広く一般的に使われています。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

基本操作関連の人気記事

  1. Mac - メールボックスのエクスポート(バックアップ)
  2. スクリーンショットをキャプチャするショートカットキー - Windows8
  3. Windows8/8.1 - よく使う単語をIMEに登録する
  4. コントロールパネルをクラシック表示に - Windows8
  5. Windows8 - コントロールパネルを開く
  6. シャットダウンと再起動 - Windows8
  7. 「ファイル名を指定して実行」を表示 - Windows8
  8. Windows 8 の基本操作

関連記事(一部広告含む)