Mac - 不要なファイルを削除する方法

Mac の不要なファイルを削除する方法を紹介します。

macOS Sierra からストレージを最適化する「Optimized Storage」という機能が導入されました。

ここではその機能のひとつである不要なファイルを削除する方法をみていきます。

不要なファイルを削除すると、このMacに保存されている書類などのコンテンツを整理して空き容量を増やすことができます。ファイルを大きい順に表示してくれるので簡単に削除することができます。

不要なファイルを削除

それでは実際に不要なファイルを削除してみましょう。

mac-reduce-clutter-01
上部の「アップルメニュー」から「このMacについて」をクリックします。

mac-reduce-clutter-02
すると、このようなウィンドウが表示されるので上部タブメニュー「ストレージ」をクリックします。

mac-reduce-clutter-03
ストレージです。

「管理」をクリックしましょう。

mac-reduce-clutter-04
すると、このようなウィンドウが表示されるので

不要なファイルを削除
このMacに保存されている書類などのコンテンツを整理して、不要になったものを削除してください。

というところの……

mac-reduce-clutter-05
「ファイルを確認」をクリックしましょう。

mac-reduce-clutter-06
先ほどから表示されていますが、左メニューをみてみましょう。

  • iCloud Drive
  • iTunes
  • Music Creation
  • アプリケーション
  • ゴミ箱
  • メール
  • 書類
  • システム

大きいファイル

mac-reduce-clutter-07
デフォルトでは「書類」が表示されており

スポンサーリンク

mac-reduce-clutter-08
その中で容量が大きいファイル順に並んでいます。

それでは実際にファイルを削除してみましょう。

mac-reduce-clutter-09
削除したいファイルを選択し

mac-reduce-clutter-10
「×」ボタンをクリックしましょう。

mac-reduce-clutter-11
すると「ファイルをディスクを削除しますか?」というポップアップが表示されるので、「削除」をクリックしましょう。

mac-reduce-clutter-12
このようにファイルの削除完了です。

mac-reduce-clutter-13
上部メニューには「大きいファイル」と他の項目もあります。

  • 大きいファイル
  • ダウンロード
  • ファイルブラウザ

ダウンロード

ダウンロードをみてみましょう。

mac-reduce-clutter-14
「ダウンロード」フォルダーが表示されます。

空き領域を増やすにはダウンロードしたファイルやインストーラを完全に消去しましょう。

ファイルブラウザ

ファイルブラウザをみてみましょう。

mac-reduce-clutter-15
ファイルブラウスです。

フォルダとそのフォルダが使用している容量が表示されてるので、ストレージの消費が著しい書類を調べましょう。

システム関連の人気記事

  1. Mac - アクティビティモニタ - CPUやメモリの使用状況を確認・管理
  2. Mac - コンピュータ名(ホスト名)の確認・変更
  3. Mac 起動時のじゃーん!という音を消す方法
  4. Mac - 不要なファイルを削除する方法
  5. Mac - 日本語入力のライブ変換を「オン/オフ」に設定
  6. Mac - テキスト読み上げの設定と使い方
  7. Mac - キーバインドの変更・入替え(command、ctrl、caps)
  8. MacBook Pro(Touch Bar搭載モデル)の初期設定
  9. Mac - メニューバー「日付と時刻」の表示を変更 - カスタマイズ
  10. Mac - 通知音(警告音)を変更する方法
  11. macOS Catalina(10.15)へアップグレード
  12. macOS - ファイアウォールをオン/オフ(有効/無効)にする
  13. Mac - シングルユーザーモードでログインし、fsckコマンドを実行
  14. Mac - シリアル番号から保証状況とサービス期間を確認する方法
  15. Mac - FileVault をオン/オフにする - ディスク内容の暗号化/暗号化解除

関連記事(一部広告含む)