Mac - Time Machine でバックアップしたファイルを復元

Mac の Time Machine でバックアップしたファイルを復元する方法を紹介します。

必要なファイルを削除してしまった……。

そんなときは Mac OS X に内蔵されているバックアップ・アプリ「Time Machine」を使って、そのファイルを復元しましょう。

手動でバックアップを取るのはめんどくさいし、ついつい忘れてしまうので、自動でバックアップしてくれる Time Machine は、Macユーザーなら必ず設定しておきましょう。

Time Machine でバックアップしたファイルを復元

それでは復元方法をみていきます。


上部メニューの「時計」アイコンをクリックします。


これです。これ。


すると、このようにメニューが表示されるので、その中から「Time Machine に入る」をクリックします。

あるいは!


Doch に Time Machine のアイコンを作成している場合は、それをクリックしましょう。


すると、このように Time Machine に入るので、

復元したいファイルが保存されていた場所へ移動します。ここでは「デスクトップ」です。


次に右側サイドにある時間軸から


復元したいファイルがあったであろう「日付」を選びます。


フォルダの右側にある「△」「▽」で、「時間」を調節します。


復元したいファイルを見つけたら、それを選択し、


「復元」ボタンをクリックします。

あるいは!


復元したいファイルを右クリックし「"◯×"を復元」をクリックします。


すると、「復元する項目のためのフォルダを選択してください」をというウィンドウが表示されるのでフォルダを選択し「選択」をクリックします。


すると、このようにファイルが復元されます。

関連記事(一部広告含む)

Exit mobile version