macOS Catalina(10.15)へアップグレード

Last Update:

macOS Catalinaへアップグレードする方法を紹介します。

2019年10月7日に「macOS Catalina (カタリナ)」がリリースされました。ちなみに「カタリナ」の名前は、米国カリフォルニア州南部にある「サンタ・カタリナ島」が由来です。

ここでは「macOS Mojave」から「macOS Catalina」へアップグレードする方法をみていきます。

macOS Catalina(10.15)へアップグレード

それでは実際にアップグレードしてみましょう。


アップルメニューから「システム環境設定」をクリックします。


システム環境設定です。

「ソフトウェアアップデート」をクリックします。


すると、アップデートの確認がはじまります。


macOS Catalina です。

「詳しい情報」をクリックすると新OS「Catalina」の詳細を確認することができます。

「今すぐアップグレード」をクリックしましょう。


すると、新しいアップデートのダウンロードがはじまります。


ダウンロードが完了すると、「macOS Catalina のインストール」ウィンドウが表示されます。

「続ける」をクリックします。


ソフトウェアの使用許諾契約です。

「同意する」をクリックします。


すると、次のようなポップアップが表示されるので

ソフトウェア使用許諾の条件を読んだ上で同意します。

「同意する」をクリックします。


「インストール」をクリックしましょう。


すると、次のようなポップアップが表示されます。

macOS Catalinaのインストールを続けるには、管理者としてログインする必要があります。

「Touch ID」を使用するか「パスワード」を入力しましょう。


すると、macOS Catalina のインストールがはじまります。


インストールする準備ができました。

コンピュータがインストール中に何回か再起動することがあります。

「再起動」をクリックします。


しばらくすると、Catalina 10.15 のインストールが完了します。


デスクトップには「場所が変更された項目」を確認することができます。

このままでは「Catalina」っぽくないので


デスクトップの画像を変更しておきましょう。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. Mac - アクティビティモニタ - CPUやメモリの使用状況を確認・管理
  2. Mac 起動時のじゃーん!という音を消す方法
  3. Mac - 日本語入力のライブ変換を「オン/オフ」に設定
  4. Mac - コンピュータ名(ホスト名)の確認・変更
  5. Mac - 不要なファイルを削除する方法
  6. MacBook Pro(Touch Bar搭載モデル)の初期設定
  7. macOS Catalina(10.15)へアップグレード
  8. Mac - シングルユーザーモードでログインし、fsckコマンドを実行
  9. Mac - FileVault をオン/オフにする - ディスク内容の暗号化/暗号化解除
  10. Mac - キーバインドの変更・入替え(command、ctrl、caps)
  11. macOS - ファイアウォールをオン/オフ(有効/無効)にする
  12. Mac - テキスト読み上げの設定と使い方
  13. MacでWindows10のISOファイルをダウンロード
  14. Mac - 音声入力の設定と使い方
  15. macOS Big Sur(11.0)へアップグレード

関連記事(一部広告含む)