MENU

Outlook – メールをバックアップ(エクスポート)する方法

Outlookのメールをバックアップ(エクスポート)する方法を紹介します。

目次

メールのバックアップ(エクスポート)

Outlookのメールは簡単にバックアップ(エクスポート)することができるので、ここではその方法をみていきます。エクスポートしたデータはバックアップとしての用途はもちろん! パソコンのデータを引越しする際ににも使用することができるので、操作方法を覚えておきましょう!

Outlookの起動


スタートメニューから「Outlook」を起動します。

上部メニューのファイル


上部メニューの「ファイル」をクリックしましょう。


①左メニューの「開く/エクスポート」を選択し、②「インポート/エクスポート」をクリックします。

インポート/エクスポート ウィザード


インポート/エクスポート ウィザードです。①「ファイルにエクスポート」を選択し、②「次へ」をクリックします。

エクスポートするファイルの選択


①「Outlookデータファイル(.pst)」を選択し、②「次へ」をクリックします。

エクスポートするフォルダーの選択


①「エクスポートするフォルダー」を選択、②「サブフォルダーを含む」にチェックを入れ、③「次へ」をクリックしましょう。

アカウントを丸ごとバックアップする場合
メールアカウント(ここでは「**@outlook.jp」)選択し、「サブフォルダーに含む」にチェックを入れると「受信トレイ」「下書き」「送信済みアイテム」……など丸ごとバックアップすることができます。

エクスポートするファイル名と場所


①「エクスポートするファイル名と場所(参照)」を編集、オプションを選択し、②「完了」をクリックします。

パスワードの追加


パスワードを追加する場合は①「パスワード」「パスワードの確認」を入力し、②「OK」をクリックします。

パスワードを追加しない場合は「パスワード」を入力せずに、「OK」をクリックします。


パスワードを追加した場合は①「パスワード」を入力し、②「OK」」をクリックします。

データのエクスポート


データのエクスポート中です……データが多い場合はかなりの時間がかかります。


これでメールのエクスポート(バックアップ)は完了です。

Outlookの使い方や設定

関連記事

目次
閉じる