今日の人気記事

  1. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

Windows10 - セキュリティ - この PC で本人確認を行う

スポンサーリンク

Windows10 で、本人確認を行う方法を紹介します。

Microsoftアカウントで、Windows10 を利用する場合、「この PC で本人確認を行う」というセキュリティ操作が必要になります。

ここでは「PC設定」と「コントロールパネル」から本人確認を行う方法をみてみましょう。

スポンサーリンク

PC設定

windows-10-account-verification-security-code-01
スタートメニューの「設定」をクリックします。

windows-10-account-verification-security-code-02
クリックすると「設定」ウィンドウが表示されるので、その中から「アカウント」をクリックします。

windows-10-account-verification-security-code-03
「この PC で本人確認を行う必要があります。」というところの、「確認する」をクリックしましょう。

windows-10-account-verification-security-code-04
本人確認には、セキュリティコードの受け取りが必要になります。「メールアドレス」を入力し、「次へ」をクリックします。

windows-10-account-verification-security-code-05
先ほどの「メールアドレス」に「セキュリティコード」というメールが届くので、「セキュリティコード」を確認しましょう。

windows-10-account-verification-security-code-06
メールに記載されている「セキュリティコード」を入力し、「次へ」をクリックします。

windows-10-account-verification-security-code-07
アカウントの設定画面から「この PC で本人確認を行う必要があります。」という項目がなくなれば、本人確認の完了です。

コントロールパネル

windows-10-account-verification-security-code-08
画面右下の「Windowsロゴ」上にマウスカーソルをもっていき右クリックすると、コンテキストメニューが表示されるので

windows-10-account-verification-security-code-09
その中から「コントロールパネル」をクリックします。

windows-10-account-verification-security-code-10
コントロールパネルです。「システムとセキュリティ」をクリックします。

windows-10-account-verification-security-code-11
「セキュリティとメンテナンス」をクリックします。

windows-10-account-verification-security-code-12
セキュリティの「この PC で本人確認を行ってください」というところの「確認」をクリックします。

クリックすると、PC設定と同様にセキュリティコードの入力が求められます。

windows-10-account-verification-security-code-13
セキュリティコードの入力が終わると、「この PC で本人確認を行ってください」という項目がなくなります。

これで本人確認は完了です。

スポンサーリンク