今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  4. Windows10 - リモートデスクトップ - ホストの設定
  5. iPhone - 緊急速報の設定(アラートをオフ、音を鳴らさない)

Windows10 - 空き領域を増やす方法を変更(設定)

スポンサーリンク

Windows 10 の空き領域を増やす方法を変更(設定)する方法を紹介します。

ここではディスクの空き容量が少なくなった場合に自動的に一時ファイルを削除する「ストレージセンサーの設定」、空き容量を増やすために「削除する一時ファイル」の設定方法をみていきます。

Windows10 - 空き領域を増やす方法を変更(設定)

それでは実際に設定をみてみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windows の設定です。

「システム」をクリックします。


左メニューの「ストレージ」をクリックします。


ストレージの設定です。

「空き領域を増やす方法を変更する」をクリックします。

スポンサーリンク


この画面でもストレージセンターを設定することができます。

ディスクの空き領域が少なくなると、ストレージセンサーが自動的に実行します。


一時ファイルの設定です。

  • マイアプリで使用されていない一時ファイルを削除します
  • 30日間異常ごみ箱にあったファイルを削除します
  • 30日間変更されていないダウンロードフォルダーのファイルを削除します

お好みで設定しましょう。


「今すぐ空き領域を増やす」こともできます。

領域が不足している場合は、このページの設定を使用して今すぐファイルをクリーンアップできます。

「今すぐクリーンアップ」をクリックすると


このようにディスク領域を空けることができます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)