今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - アプリ「付箋」を使ってみた
  4. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

Windows10 Creators Update - Windows Defender セキュリティーセンター

スポンサーリンク

Windows10 Creators Update のセキュリティーアプリ「Windows Defender セキュリティーセンター」について紹介します。

Windows Defender セキュリティーセンターとは

従来の「Windows Defender」の機能であるリアルタイムのアンチウィルス・マルウェア対策に加え、デバイスのヘルスチェック、ファイアウォール、ファミリオプション(ペアレンタルコントロール)などを統合したアプリのことです。


ユーザー・インターフェースもこのように変更されています。

スポンサーリンク

Windows Defender セキュリティーセンター


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windowsの設定です。

「更新とセキュリティ」をクリックします。


更新とセキュリティです。

左メニューの「Windows Defernder」をクリックします。


Windows Defender です。

Windows Defender ウイルス対策は、ウイルス、スパイウェア、およびその他の悪意あるソフトウエアからコンピューターを保護します。

「Windows Defernder セキュリティセンターを開きます」をクリックします。


バージョン情報もあるので合わせてみておきましょう。

  • マルウェア対策クライアント
  • エンジン
  • ウイルス対策の定義
  • スパイウェア対策の定義
  • ネットワーク検査システムエンジン
  • ネットワーク検査システム定義


Windows Defender セキュリティーセンター です。

次のような機能があります。

  • ウイルス脅威の防止
  • デバイスのパフォーマンスと正常性
  • ファイアウォールとネットワーク保護
  • アプリとブラウザーコントロール
  • ファミリのオプション

個別の機能の使い方についてはまた改めて別の記事で紹介します。

スポンサーリンク

関連記事と広告