MENU

Windows 10 - IMEのプライベートモードを有効にする(オン/オフ)

Windows10 の IMEのプライベートモードを有効にする方法を紹介します。

IMEのプライベートモードを有効(オン)にすると

今までに変換した「変換履歴」が一時的に無効になります。

パソコンをプロジェクターにつないで(多くの人の前で)何かしらの文章を入力操作をする場合には、必ず! プライベートモードを有効にしておきましょう。

IMEのプライベートモードを有効に(オン/オフ)

それでは実際に有効にしてみましょう。


タスクバーの右の方にある「A」あるいは「あ」という、IMEアイコンにマウスカーソルをもっていき、右クリックすると

プライベートモードを設定する


このようにメニューが表示されるので、「プライベートモード」にマウスカーソルを持っていきます。

有効/無効を選択する


すると、サブメニュー

  • 有効
  • 無効

が表示されるので「有効」をクリックしましょう。

これでプライベートモードが「有効」になりました。


プライベートモードがオンになると、タスクバーのIMEアイコンに小さいカギ(錠前)が表示されます。

ショートカットキーでプライベートモードを設定する

ショートカットキー「Ctrl + Shift + F10」でも、IMEのプライベートモードの有効/無効を切り替えることができます。

ショートカットキーを押してみると


すると、このようにプライベートモードのオン/オフを切り替えることができます。

Windows 10の関連記事

こちらも合わせてご覧ください。

その他の Microsoft IME の使い方や設定はこちらをご覧ください。

Windows10 の使い方や設定はこちらをご覧ください。

Windows 10 の人気記事