Windows10 - カレンダーにアクセスできるアプリの選択(設定)

Windows10 で、カレンダーにアクセスできるアプリの選択(設定)する方法を紹介します。

アプリの中にはカレンダーにアクセスし、そのデータを利用するものがあります。Windows10では、アクセスの可否を設定できるので、ここではその方法をみていきます。

カレンダーにアクセスできるアプリの選択

それでは実際に設定してみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windowsの設定です。

「プライバシー」をクリックします。


左メニューを下へスクロールし


「カレンダー」をクリックします。

スポンサーリンク

このデバイスでのカレンダーへのアクセスを許可する
アクセスを許可すると、このデバイスを使用するユーザーはこのページの設定を使用して、アプリがカレンダーにアクセスできるかどうかを選択できます。アクセスを拒否すると、どのユーザーについても、アプリがカレンダーにアクセスできなくなります。

カレンダーにアクセスさせたくない場合は「オフ」にしましょう。

アプリがカレンダーにアクセスできるようにする
アクセスを許可する場合は、このページの設定を使用して、カレンダーにアクセスできるアプリを選択できます。アクセスを拒否すると、アプリがカレンダーにアクセスできなくなります。

「オン」「オフ」を選択しましょう。

カレンダーにアクセスできるアプリを選ぶ
一部のアプリは、意図した機能を果たすためにカレンダーにアクセスする必要があります。ここでアプリをオフにすると、アプリでできることが制限される可能性があります。

「オン」「オフ」を選択しましょう。

Windows 10関連の人気記事

  1. Windows10 - スタートアップに登録 - 起動時にアプリを自動起動
  2. Windows10 - ショートカットキーの一覧表(まとめ)
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - システムの復元 - 以前の復元ポイントの状態に戻す
  5. Windows10 - Administrator(管理者)アカウントを有効にする方法
  6. Windows10 - バージョンと名前の一覧表
  7. Windows10 - Windows の機能の有効化または無効化
  8. Windows10 - ファイルやフォルダーを共有する方法
  9. BootCamp - Mac に Windows10 をインストールしてみた
  10. Windows10 - OneDriveのリンクを解除する方法
  11. Windows10 - パソコン(画面)をロック - 離席中のセキュリティ確保
  12. Windows10 - Cortana(コルタナ)をオン/オフ(有効/無効)に
  13. Windows10 - Microsoftアカウントの問題を修正 - 共有エクスペリエンス
  14. Windows10 - ディスプレイの明るさを調節(変更)
  15. Windows10 - 通知の設定(オン/オフ)

関連記事(一部広告含む)