今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  4. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  5. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法

Windows10 - アプリのカメラ使用を許可/不許可(オン/オフ)

スポンサーリンク

Windows10 にインストールしているアプリのカメラ使用を許可/不許可(オン/オフ)に設定する方法を紹介します。

アプリによっては PC に内蔵しているカメラ(あるいはPCに接続しているカメラ)を使用するものがあります。

Windows10 では、アプリのカメラ使用を許可/不許可にすることができるので、ここではその設定方法をみていきます。また、カメラの使用は個別のアプリごとに使用許可/不許可を設定することもできるので、合わせてみていきます。

アプリのカメラ使用を許可/不許可

それでは実際にアプリのカメラ使用を設定してみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windows の設定です。

「プライバシー」を選択しましょう。


左メニューの「カメラ」をクリックします。


デバイスのカメラへのアクセスが「オン」になっていることを確認します。


アプリがカメラにアクセスできるようにします。

スポンサーリンク

アクセスを許可する場合は、このページの設定を使用して、カメラにアクセスできるアプリを選択できます。アクセスを拒否すると、アプリがカメラにアクセスできなくなります。Windows はブロックされません。


デフォルトでは「オン」になっています。

アプリにアクセスさせたくない場合は、「オフ」にしましょう。

このようにアプリのカメラ使用のオン/オフを切り替えることができます。

個別アプリのカメラ使用

カメラの使用を個別のアプリごとに設定することもできます。


アプリのカメラにアクセスできるように「オン」にします。


画面を下へスクロールし


カメラにアクセスできるアプリを選びましょう。

アプリをオフにすると、アプリはカメラに直接アクセスできなくなります。その場合でも、アプリは組み込みのWindowアプリを開くように要求することができます……


このようにカメラを使用できる/できないアプリをそれぞれ設定することができます。

関連記事(一部広告含む)