今日の人気記事

  1. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Windows10 - アプリのカメラ使用を許可/不許可(オン/オフ)

スポンサーリンク

Windows10 にインストールしているアプリのカメラ使用を許可/不許可(オン/オフ)に設定する方法を紹介します。

アプリによっては PC に内蔵しているカメラ(あるいはPCに接続しているカメラ)を使用するものがあります。

Windows10 では、アプリのカメラ使用を許可/不許可にすることができるので、ここではその設定方法をみていきます。また、カメラの使用は個別のアプリごとに使用許可/不許可を設定することもできるので、合わせてみていきます。

アプリのカメラ使用を許可/不許可

それでは実際にアプリのカメラ使用を設定してみましょう。

スポンサーリンク

windows-10-enable-disable-use-camera-app-01
スタートメニューの「設定」をクリックします。

windows-10-enable-disable-use-camera-app-02
設定画面です。

「プライバシー」を選択しましょう。

windows-10-enable-disable-use-camera-app-03
左メニューの「カメラ」をクリックします。

windows-10-enable-disable-use-camera-app-04
クリックするとアプリのカメラ使用を許可/不許可することができます。

オン/オフを切替えてみましょう。

windows-10-enable-disable-use-camera-app-05
オフにしてみました。

このようにアプリのカメラ使用のオン/オフを切り替えることができます。

個別アプリのカメラ使用

カメラの使用を個別のアプリごとに設定することもできます。

windows-10-enable-disable-use-camera-app-06
アプリのカメラ使用をオンにし

windows-10-enable-disable-use-camera-app-07
個別アプリのカメラ使用を設定しましょう。

意図した機能を果たすためにカメラにアクセスすることが必要なアプリもあります。ここでアプリをオフにすると、アプリの動作が制限される可能性があります。

windows-10-enable-disable-use-camera-app-08
このようにカメラを使用できる/できないアプリをそれぞれ設定することができます。

スポンサーリンク

関連記事と広告