Windows10 - システムのカメラ使用を許可/不許可(オン/オフ)

Last Update:

Windows10 がデバイスのカメラ使用を許可/不許可(オン/オフ)する方法を紹介します。

Windowsシステム自体のカメラ使用をオン/オフする方法をみていきます。

この設定をオフにすると、アプリだけではなくWindowsシステムもカメラにアクセスできなくなります。

この設定をオンにすると、アプリがカメラにアクセスできるかどうかを選択できるようになります。

システムのカメラ使用を許可/不許可

それでは実際に設定してみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windows の設定です。

「プライバシー」を選択しましょう。


左メニューの「カメラ」をクリックします。

このデバイスのカメラへのアクセスを許可する
アクセスを許可すると、このデバイスを使用するユーザーはこのページの設定を使用して、アプリがカメラにアクセスできるかどうかを選択できます。アクセスを拒否すると、Windowsとアプリがカメラにアクセスできなくなります。


デフォルトでは、「このデバイスのカメラへのアクセスがオン」になっています。


「変更」をクリックすると


オン/オフを切り替えることができます。


「このデバイスのカメラへのアクセスがオフ」にしてみました。


すると、アプリがカメラにアクセスできなくなります。


こんな感じになります。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

プライバシー関連の人気記事

  1. Windows10 - アプリのマイク使用を許可/不許可(オン/オフ)
  2. Windows10 - アプリのカメラ使用を許可/不許可(オン/オフ)
  3. Windows10 - デバイスの位置情報をオン/オフ
  4. Windows10 - アクティビティ履歴の設定(タイムラインのオン/オフ)
  5. Windows10 - システムのカメラ使用を許可/不許可(オン/オフ)
  6. Windows10 - プライバシー - 診断データを削除する方法
  7. Windows10 - アプリが通話履歴にアクセスすることを許可(オン/オフ)
  8. Windows10 - 診断データ ビューアーを有効に
  9. Windows10 - 診断データ ビューアーの使い方

関連記事(一部広告含む)