Windows10 - アクティビティ履歴の設定(タイムラインのオン/オフ)

Windows10 のアクティビティ履歴を設定する方法を紹介します。

アクティビティ履歴を有効にすると

タイムラインに最大30日のアクティビティを表示することができるようになるというメリットがあります。

他方、アクティビティ履歴は Microsoft に送信されるので、プライバシーが気になる方は「オフ」にしておいたほうがいいかもしれません(※ 詳細は、プライバシーに関する声明を読んでおきましょう)。

ちなみに! タイムラインとは


過去に使ったファイル・フォルダー・アプリ、アクセスしたWebサイトなどをみることができ、そこから再度ファイル・アプリなどを開いたりすることができる便利な機能です。

Windows10 - アクティビティ履歴の設定(タイムラインのオン/オフ)

それでは実際に設定してみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windows の設定です。

「プライバシー」をクリックしましょう。


左メニューの「アクティビティの履歴」をクリックします。


アプリ、ドキュメント、またはその他のアクティビティについて、PCまたは電話で行っていた作業に戻ります。

  • Windows でこの PC からのアクティビティを収集する
  • Windows でこの PC からクラウドへのアクティビティを同期する


不要な場合はこのように「オフ」にしましょう。


「オフ」にすると、タイムラインに少し制限がかかります。

アクティビティの同期をオンにすると、タイムラインに最大30日が表示されます。

タイムラインをオフに

アカウントからアクティビティを表示するというところに


表示されているアカウントを


「オフ」にしましょう。


すると、このようにタイムラインが「オフ」になります。

プライバシー関連の人気記事

  1. Windows10 - アプリのマイク使用を許可/不許可(オン/オフ)
  2. Windows10 - アプリのカメラ使用を許可/不許可(オン/オフ)
  3. Windows10 - デバイスの位置情報をオン/オフ
  4. Windows10 - アクティビティ履歴の設定(タイムラインのオン/オフ)
  5. Windows10 - システムのカメラ使用を許可/不許可(オン/オフ)
  6. Windows10 - 連絡先にアクセスできるアプリの選択(設定)
  7. Windows10 - アプリが通話履歴にアクセスすることを許可(オン/オフ)
  8. Windows10 - プライバシー - 診断データを削除する方法
  9. Windows10 - 診断とフィードバックの設定(プライバシー)
  10. Windows10 - 診断データ ビューアーの使い方

関連記事(一部広告含む)