今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - コマンドプロンプトを起動(管理者)

Windows10 - タイムラインの使い方(タスクビュー)

スポンサーリンク

Windows10 のタイムラインの使い方を紹介します。

タイムラインには

過去に使ったファイル・フォルダー・アプリ、アクセスしたWebサイトなどが記録されています。

また、そこから再度ファイル・アプリなどを開いたりすることができる、なかなか便利な機能です!

ということで! ここでは「タイムラインの使い方」をみていきます。

タイムラインは、Windows10(ver.1803)から採用された新しい機能です。

Windows10 - タイムラインの使い方

それでは実際にタイムラインを使ってみましょう。


タスクバーにある「タスクビューボタン」をクリックしましょう。


すると、このようにタスクビューが表示されます。

タスクビューは、ショートカットキー「Win + Tab」でも表示することができます。


タスクビューの右サイドには現在から過去へのタイムラインがあります。

スポンサーリンク


画面を下へスクロールすると


このように過去に開いたファイルやアクセスしたサイトをみることができます。


また、特定のファイルをクリックすると


このように過去に開いたファイルを起動することができます。


また、タイムラインに表示する日数を最大30日に増やすこともできます。

アクティビティの同期を有効にしましょう。詳細はこちらも合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)