Windows10 - タイムラインの使い方(タスクビュー)

Last Update:

Windows10 のタイムラインの使い方を紹介します。

タイムラインには

過去に使ったファイル・フォルダー・アプリ、アクセスしたWebサイトなどが記録されています。

また、そこから再度ファイル・アプリなどを開いたりすることができる、なかなか便利な機能です!

ということで! ここでは「タイムラインの使い方」をみていきます。

タイムラインは、Windows10(ver.1803)から採用された新しい機能です。

Windows10 - タイムラインの使い方

それでは実際にタイムラインを使ってみましょう。


タスクバーにある「タスクビューボタン」をクリックしましょう。


すると、このようにタスクビューが表示されます。

タスクビューは、ショートカットキー「Win + Tab」でも表示することができます。


タスクビューの右サイドには現在から過去へのタイムラインがあります。


画面を下へスクロールすると


このように過去に開いたファイルやアクセスしたサイトをみることができます。


また、特定のファイルをクリックすると


このように過去に開いたファイルを起動することができます。


また、タイムラインに表示する日数を最大30日に増やすこともできます。

アクティビティの同期を有効にしましょう。詳細はこちらも合わせてご覧ください。

Windows10 タスクバーの設定

Windows10の使い方と設定

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Windows 10関連の人気記事

  1. Windows10 - ショートカットキーの一覧表(まとめ)
  2. Windows10 - バージョンと名前の一覧表
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - Administrator(管理者)アカウントを有効にする方法
  5. Windows10 - ディスプレイの明るさを調節(変更)
  6. BootCamp - Mac に Windows10 をインストールしてみた
  7. Windows10 - OneDriveのリンクを解除する方法
  8. Windows10 - システムの復元をする方法(以前の状態に戻す)
  9. Windows10 - パソコン(画面)をロック - 離席中のセキュリティ確保
  10. Windows10 - Windows の機能の有効化または無効化
  11. Windows10 - スクリーンショットを撮る方法まとめ
  12. Windows10 - Cortana(コルタナ)をオン/オフ(有効/無効)に
  13. Windows10 - プロセス(アプリ)の優先度を変更
  14. Windows10 - Microsoftアカウントの問題を修正 - 共有エクスペリエンス
  15. Windows10 - エディション(Home/Pro)の確認方法

関連記事(一部広告含む)