今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 October 2018 Update(1809)へアップデートする方法
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Windows10 の使い方と設定

Windows10 - 仮想デスクトップの作成・切替、アプリの移動

スポンサーリンク

Windows10 の仮想デスクトップの作成・切替、アプリの移動方法をみていきます。

仮想デスクトップとは

複数のデスクトップを作成・利用する機能のことです。作業単位でアプリやウィンドウをデスクトップごとに分けることができるので、複数の作業を並行して行うときに便利です。

ここでは「仮想デスクトップの作成」、作成した「仮想デスクトップの切り替え」、「仮想デスクトップ間のアプリの移動」する方法をみていきます。

仮想デスクトップの作成


デスクトップにアプリをいくつか起動しておきましょう。

ここでは「Microsoft Edge」「エクスプローラー」を起動してみました。


次にタスクバーの「仮想デスクトップ(タイムライン)」アイコンをクリックします。


すると、先ほど起動したアプリが縮小表示されるので


また、タイムラインもあります。


左上の「新しいデスクトップ」をクリックしましょう。


すると、「デスクトップ 2」が作成されるので、それをクリックします。


これで仮想デスクトップ「デスクトップ 2」の作成は完了です。

新しい仮想デスクトップの作成は、ショートカットキー「Win + Ctrl + D」でも作成することができます。


「デスクトップ 2」にアプリ「メモ帳」を開いてみました。

仮想デスクトップの切り替え

次は仮想デスクトップを切替えてみましょう。

スポンサーリンク


タスクバーの「仮想デスクトップ」アイコンをクリックし


「デスクトップ 1」をクリックします。


これで仮想デスクトップが「デスクトップ 2」から「デスクトップ 1」に切り替わりました。

仮想デスクトップは、ショートカットキー「Win + Ctrl + → or ←」でも切り替えることができます。

仮想デスクトップ間のアプリの移動

次は仮想デスクトップ間のアプリの移動方法をみていきます。


タスクバーの「仮想デスクトップ」アイコンをクリックします。


移動するアプリにマウスカーソルをもっていき右クリックする


メニューが表示されるので「移動」→「移動先(ここではデスクトップ 2)」をクリックします。


「デスクトップ 1」からアプリがなくなります(移動します)。


「デスクトップ 2」へ切り替えてみましょう。


このようにアプリが移動されます。

関連記事(一部広告含む)