MENU

Windows10 – ネットワーク(Wi-Fi)を従量制課金接続として設定

Windows10 のネットワークを従量制課金接続として設定する方法を紹介します。

目次

ネットワーク(Wi-Fi)の従量制課金接続

従量制課金接続は、通信データの使用量に応じて課金する制度のことです。

ネットワーク(Wi-Fi)の従量制課金接を「オン」にすると、(アプリによっては)ネットワーク接続時に動作が変わり、データ使用量を少なくできる場合があります。

インターネットが遅いと感じたら、この設定を「オン」にしてみましょう。

ネットワーク(Wi-Fi)を従量制課金接続として設定

それでは実際に設定してみましょう。

スタートボタンを右クリック

スタートボタンを右クリックし、「設定」をクリックします。

Windowsの設定

Windowsの設定です。「ネットワークとインターネット」をクリックしましょう。

ネットワークとインターネット

①左メニューの「Wi-Fi」を選択、②「既知のネットワークの管理」をクリックします。

①従量制課金接続を設定したいネットワークに選択、②「プロパティ」をクリックします。

従量制課金接続

デフォルトでは、「従量制課金接続」は「オフ」になっているので

従量制課金接続
制限付きのデータ通信プランを使っていて、データの使用量をより細かく制御したい場合は、この接続を従量制課金接続に設定してください。アプリによっては、このネットワークへの接続時に動作が変わり、データ使用量を減らすことができる場合があります。

必要であれば、「オン」にしましょう。これで設定完了です。

データ通信量の上限を設定

Windows10では、ネットワークで使用するデータ通信量の上限を設定することができます。契約しているネットワークの都合上、データ通信量に制限をかけたい場合はこちらをご覧ください。

インターネット速度が遅い場合の改善方法

Windows10の使い方や設定

関連記事

目次
閉じる