MENU

Windows10をモバイルホットスポット(Wi-Fi)として使う

Windows10をモバイルホットスポット(Wi-Fi)として使用する方法を紹介します。

モバイルホットスポット

モバイルホットスポットとは、Windows10経由でスマホなどのデイバスをWi-Fi接続できるようにする機能のことです。インターネット共有やテザリングとも呼ばれますね。

Wi-Fi(無線)がなく有線LANしかない場合や、何かしらの理由でWi-Fiのパスワードを教えたくない、そんな場合に便利なので設定方法と使い方を覚えておきましょう。

モバイルホットスポットの設定

それでは実際に使ってみましょう。

スタートボタンをクリック


スタートボタンをクリックし

スタートメニュー→Windowsの設定


スタートメニューから「歯車」アイコンをクリックします。

Windowsの設定→ネットワークとインターネット


Windowsの設定です。「ネットワークとインターネットネット」をクリックします。

モバイルホットスポットをオンに


①左メニューの「モバイルホットスポット」をクリックし、①「インターネット接続を他のデバイスを共有」を「オン」にします。

インターネット接続の共有方法


インターネット接続を共有する方法は「Wi-Fi」「Bluetooth」の2つがあります。

※ ここではWindows10経由でWi-Fi接続するので、「Wi-Fi」を選択しています。

ネットワーク名とパスワード


ネットワーク名(SSID)とパスワードを確認しておきましょう。接続時に必要になります。

モバイルホットスポットの使い方

ここでは例として「iPhone」をWindows10に接続してみます。

iPhoneの「設定」→「WiFi」をみてみると、Windows10の「ネットワーク名」が表示されるのでそれをタップし

先程、確認した①「パスワード」を入力し、②「接続」をタップしましょう。

これでWi-Fiに接続することができました。


接続すると、Windows10に接続されているデバイスとして「デバイス名」「IPアドレス」「物理アドレス」が表示されます。

Windows10 – ネットワーク関連の使い方まとめ

Windows10の使い方や設定

関連記事