MENU

MACアドレスのランダム化を設定(オン/オフ)する方法

ここではMACアドレスのランダム化を設定(オン/オフ)する方法を紹介します。

パソコンやスマホなどのネットワーク通信を行う機器には、MACアドレスという機器固有の識別番号を持っています。

ネットワーク機器固有なので、通信のフィルタリングを行ったり……などネットワーク通信を裏で支えるのに重要な役割を担っています。ただし、機器固有の番号(MACアドレス)なので、ネットワーク事業者によって、その機器の使用者の行動や関心を観測・追跡されてしまう恐れがあります。

そこで! ユーザーのプライバシー保護のため、MACアドレスをランダムにする機能(MACアドレスを偽装する機能)が導入されました。iOS14以降、Android 10以降、Windows10 以降で導入されています。

会社や特定のネットワーク環境下では、特定のMACアドレスしかネットワークに接続できないようにフィルタリングしている場合もあるので、ここではネットワークのランダム化を設定(オン/オフに)する方法をみていきます。

iPhone

iPhoneのプライバシーアドレス(MACアドレス)を設定する方法をみていきます。

ホーム画面の「設定」をタップします。

iPhoneの設定です。
「Wi-Fi」をタップします。

Wi-Fiの設定です。
接続している(チェックマークのある)Wi-Fiの右側にある「i」をタップします。

プライベートWi-Fiアドレスを有効に(オン)

初期設定では、このように「プライベートWi-Fiアドレス」を「オン」になっています。

ここで表示されている「Wi-Fiアドレス」は偽装されたランダムな「MACアドレス」になります。

プライベートWi-Fiアドレスを無効に(オフ)

「プライベートWi-Fiアドレス」をタップすると

「プライベートアドレスをオフにすると、Wi-Fi接続が一時的に中断されます。」と表示されるので
「続ける」をタップします。

これで「プライベートWi-Fiアドレス」が無効(オフ)になりました。

ここで表示されている「Wi-Fiアドレス」は、固有の「MACアドレス」になります。

パソコン・スマホ固有のMACアドレスを確認する方法は?

Android

AndroidのランダムMACを設定(オン/オフ)する方法をみていきます。

「設定」をタップします。

「ネットワークとインターネット」をタップします。

「インターネット」をタップします。

設定したい「Wi-Fi(SSID)」をタップします。

「プライバシー」をタップします。

ランダムMACの設定(オン/オフ)

  • ランダムMACを使用(デフォルト)
  • デバイスのMACを使用

のどちらかを選択しましょう。

Windows 11

Windows 11のランダムなハードウェアアドレス(MACアドレス)を設定(オン/オフ)する方法をみていきます。

①「スタートボタン」を右クリックし
②「設定」をクリックします。

設定です。
①左メニューの「ネットワークとインターネット」を選択し
②「Wi-Fi」をクリックします。

Wi-Fiの設定です。
ここでは「ランダムなハードウェアアドレス」を設定(オン/オフ)することができます。

他の人があなたのデバイスの場所を追跡しにくくすることで、プライバシーの保護に役立ちます。

パソコン・スマホ固有のMACアドレスを確認する方法は?

Windows 10

Windows 10のランダムなハードウェアアドレス(MACアドレス)を設定(オン/オフ)する方法をみていきます。

①「スタートボタン」をクリックし
②「歯車」アイコンをクリックします。

Windowsの設定です。
「ネットワークとインターネット」をクリックします。

①左メニューの「状態」を選択し
②「プロパティ」をクリックします。

ランダムなハードウェアアドレスの設定です。「オン/オフ」を切り替えましょう。

ランダムはハードウェアアドレスを使って、このWi-Fiネットワークへの接続時に自分のいち情報を追跡されにくくします。この設定はこのネットワークにのみ適用され、変更は次回の接続時に有効になります。