Windows 11 - ディスク管理で「ボリュームの削除」ができない場合の対処方法

windows 11 delete volume

Windows 11 のディスク管理で「ボリュームの削除」ができない場合の対処方法を紹介します。

ディスク管理から「ボリュームの削除」を実行しようとしたところ……

windows 11 disk volume delete 01
「ボリュームの削除」がグレーアウトされており、削除できない。

「ボリュームの削除」ができない場合の対処方法

ディスク管理で「ボリュームの削除」ができない場合の対処方法です。

  1. [仮想メモリ] を確認する

    1. ショートカットキー [Win + R] を押し、[ファイル名を指定して実行] を起動します。
    2. [sysdm.cpl] を入力・起動します。
    3. システムのプロパティの [詳細設定] タブを選択し、パフォーマンスの [設定] をクリックします。
    4. パフォーマンス オプションの [詳細設定] タブを選択し、仮想メモリの [変更] をクリックします。
    5. 削除しようとしているボリュームに [仮想メモリ] が設定されている場合は [なし] にしましょう。
    6. パソコンを再起動しましょう。
  2. [ディスク管理] を起動する

    [スタートボタン] を右クリックし、[ディスク管理] を選択・起動しましょう。

  3. [ボリュームの削除] を選択・実行する

    windows 11 disk volume delete 02
    削除したいボリュームを右クリックし、[ボリュームの削除] を選択しましょう。

    windows 11 disk volume delete 03
    これで [ボリュームの削除] を実行することができました。

これで Windows 11 のディスク管理で「ボリュームの削除」ができない場合の対処方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事