MENU

Windows 11 - 配信の最適化を設定(オン/オフ)する方法

Windows 11で、配信の最適化を設定(オン/オフ)する方法を紹介します。

配信の最適化とは、Windows、Microsoft Store、OfficeなどのMicrosoft製品の更新プログラムを高速にダウンロードするシステムです。

この設定を有効(オン)にすると、インターネット上のデバイスやローカルエリアネットワークのデバイスから更新プログラムからダウンロードすることができるようになります。

例えば! 自宅のパソコン間で更新プログラムをやり取りし、インターネットから直接ダウンロードする必要がなくなるので、より高速に更新プログラムを適用できます。自宅に複数台のパソコンをお持ちの方には便利な機能です。

ただし、更新プログラムをダウンロードされる側のパソコンにも負荷がかかってしますので、メインPCは「配信の最適化」を「オフ」にしておいたほうがいいでしょう。

Windows Update 配信の最適化を設定する方法は?

Windows Update 配信の最適化を設定する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する

    1. [スタートボタン] を右クリックし
    2. [設定] をクリックします。
  2. [Windows Update] → [詳細オプション] を選択する


    設定です。

    1. 左メニューの [Windows Update] を選択し
    2. [詳細オプション] をクリックします。
  3. [配信の最適化] を選択する


    追加オプションのところにある「配信の最適化」をクリックします。

  4. 配信の最適化を有効(オン)にする

    1. [他のPCからダウンロードを許可する] を [オン] にしましょう。
    2. [以下からのダウンロードを許可する] を選択します。
      • ローカルネットワーク上のデバイス
      • インターネット上のデバイスとローカルネットワーク

    特に理由がない場合は「ローカルネットワーク上のデバイス」を選択しておきましょう。

  5. 配信の最適化を無効(オフ)にする


    「他のPCからダウンロードを許可する」を「オフ」にしましょう。

    メインPCはこの設定を「オフ」にしておきましょう。

これで Windows Update 配信の最適化を設定する方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事