MENU

Windows11 自動更新を停止する方法

Windows 11の自動更新を停止・無効にする方法を紹介します。

コンピューターを最新状態に保つためにWindows 11のシステムやセキュリティのアップデートは自動的に更新されるようになっています。自動更新を有効にすることで、パフォーマンスの向上やバグの修正が適用されます。

ただ、自動更新によるコンピューターへの負荷や更新を適用するためにたびたび必要な再起動……仕事やゲームの中断が必要になってしまうこともあります。あるいは、まれにWindows Updateを適用することによりWindowsが正常に起動しなくなることも。

そんな状況を未然に防ぐためにここではWindows Updateの自動更新を停止するいくつかの方法をみていきます。

自動更新を停止する方法

それでは実際に自動更新を停止してみましょう。もっとも一般的な「Windowsの設定」から停止する方法です。

①「スタートボタン」を右クリックし
②「設定」を選択します。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
左メニューの「Windows Update」をクリックします。

Windows Update

Windows Updateです。
更新の一時停止の右にある「1週間一時停止する」の「∨」をクリックしましょう。

更新を停止する期間を選択しましょう。

  • 1週間一時停止する
  • 2週間一時停止する
  • 3週間一時停止する
  • 4週間一時停止する
  • 5週間一時停止する

一時停止するを選択すると

①「更新プログラムは20XX/YY/ZZまで一時停止します」と表示され、自動更新が停止されます。
②「更新の再開」をクリックすると、自動更新の停止は終了し、自動更新が再開されます。
③「1週間の延長」をクリックすると、自動更新を停止する期間を延長することができます(最大で5週間)。

自動更新よる再起動を防ぐために「アクティブ時間」の変更で対応する方法もあります。ご参考にどうぞ。

グループポリシーから自動更新を停止する方法

Window 11 Pro を使用している場合は、グループポリシーから自動更新を停止することができます。

次の手順で自動更新を停止しましょう。

手順
  1. 検索フォームに「gpedit」と入力し、「グループポリシー」を起動します。
  2. コンピューターの構成 > 管理用テンプレート > Windows コンポーネント > Windows Update > エンドユーザー エクスペリエンスの管理 に移動し
  3. 「自動更新を構成する」をダブルクリック、「無効」を選択し、「OK」をクリックします。
  1. これで自動更新は無効になります。

レジストリを修正して自動更新を停止する方法

レジストリを修正して自動更新を停止することもできます。

※ レジストリを修正する前に次の記事を参考にバックアップを取得しましょう。

①スタートメニューのフォームに「regedit」と入力し
②「レジストリエディター」を起動しましょう。

ユーザーアカウント制御です。
「はい」をクリックします。

レジストリエディターです。
①次のパスに移動し

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows

②右クリックし「新規」→「キー」を選択し、「WindowsUpdate」キーを作成します。

①作成した「WindowsUpdate」に移動し
②右クリックし「新規」→「キー」を選択し、「AU」キーを作成します。

①作成した「AU」に移動し
②右クリックし「新規」→「DWORD(32ビット)値」を選択し、「NoAutoUpdate」を作成します。

①作成した「NoAutoUpdate」をダブルクリックし
②値のデータを「1」に編集し
③「OK」をクリックします。

Windows Updateの関連記事

Windows Updateの関連記事です。あわせてご覧ください。