MENU

Windows 11 – 特定ポート番号の通信を許可する方法 – ファイアウォール

Windows11 ファイアウォールの特定ポート番号を開放することで、通信を許可する方法を紹介します。

特定のポート番号を開放することで、そのポートを使って通信することができます。通信の許可には「受信」と「送信」を別々に設定することができるので、用途にあわせて使い分けましょう。

また、通信を許可したポートを不許可に(削除)する方法もあわせてみていきます。

特定ポート番号の通信を許可する方法です。「受信」「送信」の順番で解説していきます。

特定ポート番号の通信を許可する(受信の規則)

それでは「受信の規則」の特定ポート番号の通信を許可する方法をみていきます。

  1. スタートメニューの検索フォームに [セキュリティ] と入力・検索し
  2. [Windows セキュリティ] を起動しましょう。

Windowsセキュリティ

Windowsセキュリティです。

  1. 左メニューの [ファイアウォールとネットワーク保護] を選択し
  2. [詳細設定] をクリックします。

ユーザーアカウント制御

ユーザーアカウント制御です。[はい] をクリックします。

Windows Defender ファイアウォール

Windows Defender ファイアウォールです。

  1. [受信の規則] を選択し
  2. [新しい規則] をクリックします。

新規の受信の規則ウィザード

新規の受信の規則ウィザードを使って、受信の通信許可を設定します。

規則の種類

作成するファイアウォールの [規則の種類] を選択しましょう。

  1. [ポート] を選択し
  2. [次へ] をクリックします。

プロトコルおよびポート

この規則を適用する [プロトコルとポート] を指定してください。

  1. [TCP] [UDP] のどちらかを選択します(ほとんど場合は [TCP] です)。
  2. [特定のローカルポート] を選択し、開放したい [ポート番号] を入力します。
  3. [次へ] をクリックします。

操作

規則で指定された条件を接続が満たす場合に、実行される [操作] を指定します。

  1. [接続を許可する] を選択し
  2. [次へ] をクリックします。

プロファイル

この規則が適用されるプロファイルを指定してください。

  1. 適用するネットワーク [ドメイン] [プライベート] [パブリック] にチェックを入れ/外し
  2. [次へ] をクリックします。

名前と説明

この規則の [名前と説明] を入力しましょう。

  1. [名前] と [説明] を入力し
  2. [完了] をクリックします。

これで特定のポート番号の通信を許可することができました。

特定ポート番号の通信を許可する(送信の規則)

それでは「送信の規則」の特定ポート番号の通信を許可する方法をみていきます。

  1. スタートメニューの検索フォームに [セキュリティ] と入力・検索し
  2. [Windows セキュリティ] を起動しましょう。

Windowsセキュリティ

Windowsセキュリティです。

  1. 左メニューの [ファイアウォールとネットワーク保護] を選択し
  2. [詳細設定] をクリックします。

ユーザーアカウント制御

ユーザーアカウント制御です。[はい] をクリックします。

Windows Defender ファイアウォール

Windows Defender ファイアウォールです。

  1. [送信の規則] を選択し
  2. [新しい規則] をクリックします。

新規の送信の規則ウィザード

新規の送信の規則ウィザードを使って、送信の通信許可を設定します。

規則の種類

作成するファイアウォールの [規則の種類] を選択しましょう。

  1. [ポート] を選択し
  2. [次へ] をクリックします。

プロトコルおよびポート

この規則を適用する [プロトコルとポート] を指定してください。

  1. [TCP] [UDP] のどちらかを選択します(ほとんど場合は [TCP] です)。
  2. [特定のローカルポート] を選択し、開放したい [ポート番号] を入力します。
  3. [次へ] をクリックします。

操作

規則で指定された条件を接続が満たす場合に、実行される [操作] を指定します。

  1. [接続を許可する] を選択し
  2. [次へ] をクリックします。

プロファイル

この規則が適用されるプロファイルを指定してください。

  1. 適用するネットワーク [ドメイン] [プライベート] [パブリック] にチェックを入れ/外し
  2. [次へ] をクリックします。

名前と説明

この規則の [名前と説明] を入力しましょう。

  1. [名前] と [説明] を入力し
  2. [完了] をクリックします。

これで特定のポート番号の通信を許可することができました。

通信を許可したポートを閉じる(不許可に)

作成した [受信の規則] [送信の規則] で、通信を許可したポートを閉じる(不許可にする)手順です。

通信を不許可にする手順
  1. Windows Defender ファイアウォールの [受信の規則] あるいは [送信の規則] を選択
  2. 作成した [規則] を選択します。
  3. [削除] をクリックします。
    ※ 再度、有効にする予定がある場合は [規則の無効化] をクリックします。
  4. これで通信は不許可になります。

Windows 11の人気記事