Microsoft Safety Scannerの使い方 - Windowsを無料でウイルススキャン

Last Update:

Microsoft Safety Scannerの使い方を紹介します。

Microsoft Safety Scanner は Microsoft が提供している「マルウェア検出して削除」するためのツールです。

無料! なので、なんかコンピューターがおかしいなぁーと感じたら、まずは Microsoft Safety Scanner を使ってみましょう。

Microsoft Safety Scannerの使い方

それでは実際に使ってみましょう(ここではWindows 10で使ってみました)。


ブラウザー(ここでは「Microsoft Edge」)を起動し


Microsoft Safaty Scanner のページです。

Microsoft Safety Scanner は、Windows コンピューターからマルウェアを検出して削除するために設計されたスキャンツールです。ダウンロードしてスキャンを実行するだけでマルウェアを検出できます。また、検出された脅威による変更を元に戻す処理を試行できます。

Microsoft Safaty Scanner の説明が書かれているので、よく読んでおきましょう。


「バージョン(32ビット/64ビット)」を選択し、「ダウンロード」をクリックします。

すると、ダウンロードがはじまります。


ダウンロードが完了したら、「実行」をクリックします。


ユーザーアカウント制御です。

「はい」をクリックしましょう。


Microsoft Safety Scanner です。

「使用許諾書に同意します」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。


Microsoft Safety Scanner の開始です。

ウイルス、スパイウェア、その他の望ましくない可能性のあるソフトウェアをスキャンして削除します。

「次へ」をクリックします。


スキャンの種類を選択しましょう。

  • クイックスキャン
    ウイルス、スパイウェア、その他の望ましくない可能性のあるソフトウェアに最も感染しやすいシステム内の領域をスキャンします。そのようなソフトウェアが検出された場合は、フルスキャンを実行するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
  • フルスキャン
    システム全体をスキャンします。コンピューターによっては、数時間かかることがあります。
  • カスタムスキャン
    クイックスキャンでスキャンする領域のほかに、ユーザーが指定したフォルダーの内容もスキャンします。

選択したら、「次へ」をクリックします。


すると、スキャンがはじまります。


スキャンが正常に終了しました。

クイックスキャンでウイルスが検出されなかった場合は、10分程度で完了します。

「完了」をクリックしましょう。

Windowsセキュリティの使い方

Windows10の使い方

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Windows関連の人気記事

  1. Mac で Windows を使う6つの方法
  2. Windows - ロジクール製品とUnifyingレシーバーを接続
  3. Microsoft Windows - リモートデスクトップの使い方まとめ
  4. Windows10 - Kindle for PC のダウンロードとインストール
  5. Windowsストアのアプリ「Instagram」を使ってみよう
  6. Windows - ロジクール製品とUnifyingレシーバーのペアリング解除方法
  7. Windows - dxdiagコマンド - DirectX診断ツールの使い方
  8. Microsoftアカウントのメールアドレス(プライマリエイリアス)を変更
  9. Microsoft Safety Scannerの使い方 - Windowsを無料でウイルススキャン
  10. Windows8/8.1 - Administrator の名前を変更する方法
  11. Windows - 「1Password」のダウンロードとインストール(スタンドアローン版)
  12. お名前.com デスクトップクラウド を使ってみた - Mac で Windows
  13. Windows - 「1Password」の初期設定(スタンドアローン版)
  14. Windows Update できない - sfcコマンド - システムファイルの整合性チェック
  15. Macアプリ「Microsoft Remote Desktop」 - 証明書の確認を表示しないように

関連記事(一部広告含む)