今日の人気記事

  1. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Windows7 - ファイルの拡張子を表示(非表示)する方法

スポンサーリンク

Windows7 で、ファイルの拡張子を表示(あるいは非表示に)する方法を紹介します。

windows-7-show-file-name-extension-01
デフォルトの設定では、このように「登録されている拡張子は表示しない」ように設定されています。

拡張子を表示するように設定すると

windows-7-show-file-name-extension-02
このように拡張子「.txt」と表示されるようになります。

テキストファイルでれば「.txt」、画像ファイルであれば「.jpg」「.png」、Excelファイルであれば「.xlsx」「.xls」、といったように拡張子を表示するように設定しているとそのファイルが何のファイルかがひと目でわかるので、便利なので、設定してみてはいかがでしょうか。

それでは実際に設定方法をみていきます。

スポンサーリンク

ファイルの拡張子を表示(非表示)に

windows-7-show-file-name-extension-03
まずは、エクスプローラーを起動しましょう。

windows-7-show-file-name-extension-04
エクスプローラーです。

windows-7-show-file-name-extension-05
左上の「整理」をクリックし

windows-7-show-file-name-extension-06
表示されるメニューから「フォルダーと検索のオプション」をクリックします。

windows-7-show-file-name-extension-07
フォルダーオプションです。

windows-7-show-file-name-extension-08
上部タブメニュー「表示」をクリックします。

windows-7-show-file-name-extension-09
表示の「詳細設定」を

windows-7-show-file-name-extension-10
下へスクロールし

windows-7-show-file-name-extension-11
「登録されている拡張子は表示しない」からチェックをはずし

windows-7-show-file-name-extension-12
「OK」をクリックしましょう。

windows-7-show-file-name-extension-13
すると、このように拡張子が表示されます。

スポンサーリンク

関連記事と広告