Windows8 - ファイルの拡張子を表示する方法

Last Update:

Windows8でファイルの拡張子を表示する方法を紹介します。

Windows8の初期設定では、「登録されている拡張子は表示しない」ようになっています。拡張子があったほうが便利がよさそうな気もしますが……。おそらく、パソコンの操作に慣れていない方が、ファイル名を変更する際に誤って拡張子まで変更してしまうのを防ぐために表示しないようになっているのでしょう。

ここでは、ファイルの拡張子を表示する2つの方法を紹介します。お好みの設定方法を参考にしてください。

エクスプローラーのメニューから

エクスプローラーを起動します。

view-file-extentions-windows8-1
エクスプローラーメニューの「表示」を選択します。

view-file-extentions-windows8-2
選択すると表示オプションが表示されるので、「ファイル名拡張子」にチェックを入れます。これでOKです。

フォルダーオプションから

view-file-extentions-windows8-3
エクスプローラーの表示メニューから「オプション」をクリックします。

view-file-extentions-windows8-4
フォルダーオプションが表示れるので、「表示」タブをクリックします。

view-file-extentions-windows8-5
詳細設定の「登録されている拡張子は表示しない」からチェックを外し、「OK」をクリックします。

以上、「ファイルの拡張子を表示」する方法でした。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

エクスプローラー関連の人気記事

  1. Windows10 - ファイルやフォルダーを共有する方法
  2. フォルダのプレビューウィンドウを表示/非表示 - Windows8
  3. 隠しファイル、隠しフォルダーを表示 - Windows8
  4. ISOイメージファイルのマウント・アンマウント - Windows8
  5. エクスプローラー - ファイル名の変更 - Windows8
  6. Windows8 - ファイルの拡張子を表示する方法
  7. Windows8/8.1 - ファイルやフォルダーの圧縮と展開 - zip形式
  8. エクスプローラーのリボンを無効に - Windows8
  9. Windows8/8.1 - エクスプローラーの「お気に入り」に任意のフォルダを追加

関連記事(一部広告含む)