Windows8/8.1 をセーフモードで起動 - トラブルシューティング

Last Update:

Windows8/8.1 をセーフモードで起動する方法を紹介します。

セーフモードで起動

それでは実際にセーフモードで起動してみましょう。

windows-8-8-1-safe-mode-01
マウスポインターを画面の右上にもっていくと

windows-8-8-1-safe-mode-02
このようにチャームバーが表示されるので

その中から歯車マークの「設定」をクリックします。

あるいは「Win」キーを押しながら「C」キーを押すとチャームバーが表示されます。

windows-8-8-1-safe-mode-03
設定です。

「PC設定の変更」をクリックします。

windows-8-8-1-safe-mode-04
PC設定です。

左カラムの「保守と管理」をクリックします。

windows-8-8-1-safe-mode-05
保守と管理です。

「回復」をクリックします。

windows-8-8-1-safe-mode-06
「PC の起動をカスタマイズする」というところの

デバイスまたはディスクなどからの起動、Windowsスタートアップ設定の変更、またはシステムイメージからの Windows の復元を行います。この操作を行うと、PCが再起動します。

windows-8-8-1-safe-mode-07
「今すぐ再起動する」をクリックします。

windows-8-8-1-safe-mode-08
すると、PCが再起動し

windows-8-8-1-safe-mode-09
このような画面が表示されるので「トラブルシューティング」をクリックします。

windows-8-8-1-safe-mode-10
トラブルシューティングです。

「詳細オプション」をクリックします。

windows-8-8-1-safe-mode-11
「スタートアップ設定」をクリックします。

windows-8-8-1-safe-mode-12
スタートアップの設定です。

windows-8-8-1-safe-mode-13
「再起動」をクリックしましょう。

windows-8-8-1-safe-mode-14
「4) セーフモードを有効にする」を選択するために

数字の「4」キーを押しましょう。

windows-8-8-1-safe-mode-15
すると、このようにセーフモードで起動することができます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. 不要なサービスを停止 - Windows8を高速化(軽くする)
  2. サービスの設定(自動・手動/開始・停止) - Windows8
  3. レジストリエディターの起動方法 - Windows8
  4. Windows8/8.1 - イベントビューアでWindowsログを確認する方法
  5. 32ビット版か64ビット版かを確認 - Windows8
  6. システムの復元ポイントを作成・以前の状態に戻す - Windows8
  7. コンピューター名の確認 - Windows8
  8. USBメモリやCDなどの自動再生を無効に - Windows8
  9. Windows Superfetch を無効にする方法 - Windows8
  10. ローカルグループ ポリシー エディターの起動 - Windows8
  11. コマンドプロンプトの起動 - Windows8
  12. Windows8/8.1 - 管理者としてコマンドプロンプトを起動する方法
  13. Windows8 エディションとバージョンの確認
  14. Windows8 - システム情報の確認 - OS、CPU、BIOSなど
  15. Windows8/8.1 - バックグラウンド サービスを最適なパフォーマンスに調整

関連記事(一部広告含む)