今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  4. Windows10 - リモートデスクトップ - ホストの設定
  5. iPhone - 緊急速報の設定(アラートをオフ、音を鳴らさない)

レジストリエディターの起動方法 - Windows8

スポンサーリンク

Windows8でレジストリエディターを起動する方法を紹介します。

レジストリを編集するとコントロールパネルでは設定できない項目をカスタマイズすることができます。例えば「NTPサーバーの同期間隔の変更」など。

ここではいくつかあるレジストリエディターの起動方法から「ファイル名を指定して実行」「エクスプローラー」の2つを紹介します。前者のほうが楽ちんなので、おすすめです。

※レジストリを編集するとシステムの挙動がおかしくなる場合があります。レジストリを編集する前には必ずシステムの復元ポイントを作成し、以前の状態へ戻せすようにしておきましょう。

レジストリエディターの起動方法

ファイル名を指定して実行

windows8-open-regedit-editor-00
クイックアクセスメニューから「ファイル名を指定して実行」を開きます。

※「Windowsキー + X」を押す(あるいはマウスポインターを左下へもっていき右クリックする)とメニューが表示されるので、その中から「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

windows8-open-regedit-editor-01
「ファイル名を指定して実行」ウィンドウのフォームに「regedit」を入力し、「OK」をクリックします。

windows8-open-regedit-editor-02
クリックすると「ユーザーアカウント制御」が表示されるので、「はい」をクリックします。

スポンサーリンク

windows8-open-regedit-editor-03
クリックすると「レジストリエディター」ウィンドウが起動します。

エクスプローラー

windows8-open-regedit-editor-04
エクスプローラーを起動します。

windows8-open-regedit-editor-05
レジストリエディターの本体をダブルクリックします。フルパスは以下の通りです。

C:¥Windows¥regedit.exe

windows8-open-regedit-editor-06
クリックすると「レジストリエディター」ウィンドウが開きます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)