不要なサービスを停止 - Windows8を高速化(軽くする)

Windows8の不要なサービスを停止する方法を紹介します。

ここではWindows8を少しでも高速化(軽く)するために、バックグラウンドで稼働している使用しないプログラム(サービス)の停止方法を紹介していきます。

それでは不要なサービスを停止していきましょう。

不要なサービスを停止

windows8-sevices-disable-00
Windowsへサインインすると「スタート画面」が表示されるので、「Windows」キーを押しながら「R」キーを押します。

windows8-sevices-disable-01
するとデスクトップに「ファイル名を指定して実行」が表示されるので、「msconfig」と入力し、「OK」をクリックします。

windows8-sevices-disable-02
クリックすると「システム構成」が表示されるので、上部タブ「サービス」をクリックします。

windows8-sevices-disable-03
クリックすると登録されているサービス一覧が表示されるので、不要なサービスのチェックをはずし「OK」をクリックします。

※ここでは、Bluetoothを利用していないので「Bluetooth Support Service」のチェックをはずしました。お使いの環境に応じて、不要なサービスのチェックをはずしましょう。

windows8-sevices-disable-04
クリックすると再起動を促されるので、「再起動」をクリックします。開いてるファイルがある場合はファイルを保存・閉じてから「再起動」をクリックしましょう。

以上、「不要なサービスを停止 - Windows8を高速化(軽くする)」でした。

システム関連の人気記事

  1. 不要なサービスを停止 - Windows8を高速化(軽くする)
  2. レジストリエディターの起動方法 - Windows8
  3. システムの復元ポイントを作成・以前の状態に戻す - Windows8
  4. 32ビット版か64ビット版かを確認 - Windows8
  5. ローカルグループ ポリシー エディターの起動 - Windows8
  6. Windows8/8.1 - イベントビューアでWindowsログを確認する方法
  7. PowerShell ISEの起動 - Windows8
  8. 電源ボタンの動作を設定 - Windows8
  9. コマンドプロンプトの起動 - Windows8
  10. サービスの設定(自動・手動/開始・停止) - Windows8
  11. Windows8 エディションとバージョンの確認
  12. Windows8/8.1 - バックグラウンド サービスを最適なパフォーマンスに調整
  13. USBメモリやCDなどの自動再生を無効に - Windows8
  14. 電源プランの変更と設定 - Windows8
  15. シャットダウンと再起動のショートカットを作成 - Windows8

関連記事(一部広告含む)