プログラムのスタートアップを有効/無効に - Windows8

スポンサーリンク

Windows8にログインするしたときに自動起動されるプログラムを有効/無効にする方法を紹介します。

プログラムをインストールすると自動的に(勝手に)スタートアップに登録される場合があります。余計なことを……といった場合はスタートアップを無効にしましょう。ここではその方法を紹介していきます。

スタートアップ

windows-8-startup-manager-01
デスクトップの左下にあるWindowsボタンにマウスカーソルをもっていき右クリックするとメニューが表示されるので、その中から「コントロールパネル」をクリックします。

windows-8-startup-manager-02
クリックすると「コントロールパネル」ウィンドウが表示されるので、「システムとセキュリティ」をクリックします。

windows-8-startup-manager-03
「管理ツール」をクリックします。

windows-8-startup-manager-04
管理ツールから「システム構成」をダブルクリックします。

スポンサーリンク

windows-8-startup-manager-05
すると、「システム構成」ウィンドウが表示されるので、上部タブメニュー「スタートアップ」をクリックします。

windows-8-startup-manager-06
スタートアップ項目を管理するために「タスクマネージャーを開く」をクリックします。

windows-8-startup-manager-07
クリックするとタスクマネージャーが開きます。

これで準備完了です。スタートアップを有効/無効にしてみましょう。

スタートアップを有効に

windows-8-startup-manager-08
スタートアップを有効にしたいプログラムを選択し、「有効にする」をクリックします。

これでスタートアップが有効になりました。次は無効にする方法をみてみましょう。

スタートアップを無効に

windows-8-startup-manager-09
スタートアップを無効にするプログラムを選択し、「無効にする」をクリックします。

関連記事(一部広告含む)