タスクバーを自動的に隠す - Windows8

Last Update:

Windows8のタスクバーを自動的に隠す方法を紹介します。

解像度の高くないディスプレイを使っていると(最近では少なくなりましたが)、デスクトップを少しでも広く有効的に使うために、タスクバーを自動的に隠したほうが効率的な作業が行えるかもしれません。

従来のWindowsと設定方法に特に変更はないのですが、念のためWindows8での設定方法をスクリーンキャプチャとともに紹介します。

タスクバーを自動的に隠す

windows8-hide-taskbar-00
Windowsへサインインし、デスクトップへアクセスします。

windows8-hide-taskbar-01
デスクトップ下部のタスクバーへマウスカーソルをもっていき右クリックするとメニューが表示されるので、その中から「プロパティ」をクリックします。

windows8-hide-taskbar-02
クリックすると「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」ウィンドウが表示されるので、「タスクバーを自動的に隠す」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

これで設定完了です。

windows8-hide-taskbar-03
最後に、デスクトップでキーボードやマウスを動かさずにしばらく待った後にタスクバーが自動的に隠されるかどうかを確認しましょう。

以上、「Windows8 - タスクバーを自動的に隠す方法」でした。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

タスクバー関連の人気記事

  1. タスクバーにツールバーを表示 - Windows8
  2. タスクバーにクイック起動を追加 - Windows8
  3. Windows8/8.1 - タスクバーにアプリをピン留め
  4. 通知領域のシステムアイコンを表示 / 非表示 - Windows8
  5. タスクバーの位置を変更 - Windows8
  6. タスクバーに「デスクトップの表示」アイコンを追加 - Windows8

関連記事(一部広告含む)