外付けHDD・USBメモリ・SDカードの書き込みを高速に - Windows8

Windows8で外付けハードディスク(HDD)・リムーバブルディスク(USBメモリ・SDカード)の書き込みを高速にする方法を紹介します。

デフォルトの設定ではデータが消えてしまうのを防ぐために外付けHDD・リムーバブルディスクなどのデバイス上とシステムでの書き込みキャッシュが無効に設定されています。そのため「安全な取り外し」を行わなくてもデバイスを安全に切断することができます。

ここでは、Windowsシステムで書き込みキャッシュを有効にすることで、外付けHDD・リムーバブルディスクなどのデバイスへの書き込みを高速にする方法を紹介します。

※ この設定を有効にした場合、データ消失を防ぐために必ず!システム通知領域の通知アイコンから安全な取り外しを行いましょう。
» ハードウェアの安全な取り外し方法

ディスクの高パフォーマンス設定

windows8-make-usb-device-faster-00
「Windowsキー」押しながら「Xキー」を押す(あるいはマウスカーソルを画面の左下へもっていき右クリックする)とメニューが表示されるので、その中から「デバイスマネージャー」をクリックします。

windows8-make-usb-device-faster-01
クリックするとデスクトップに「デバイスマネージャー」が起動します。

windows8-make-usb-device-faster-02
デバイスマネージャーの「ディスクドライブ」から高パフォーマンスに設定するデバイス(ここでは、BUFFALO USB Flash Disk USB Device)を選択し、それをダブルクリックします。

windows8-make-usb-device-faster-03
クリックすると「デバイスのプロパティ」ウィンドウが表示されるので、上部タブメニュー「ポリシー」をクリックします。

windows8-make-usb-device-faster-04
取り外しポリシーです。「高パフォーマンス」を選択し「OK」をクリックします。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

ハードウェア関連の人気記事

  1. ディスクの空き容量を確認 - Windows8
  2. デバイスを有効 / 無効にする - Windows8
  3. Windows8/8.1 - ハードディスクの最適化(デフラグ)する方法
  4. USBメモリやSDカードを初期化(フォーマット) - Windows8
  5. Windows8/8.1 - ディスククリーンアップ - 不要ファイルの削除
  6. CPUの種類・周波数とメモリ容量の確認 - Windows8
  7. Windows8/8.1 - デバイスマネジャーの表示方法
  8. Windows8/8.1 - ディスクのデフラグ自動実行のスケジュール設定
  9. ReadyBoostを有効にしてパソコンを高速化 - Windows8

関連記事(一部広告含む)