タスクバーのボタンを個別表示 - Windows8

Last Update:

windows8-separate-taskbar-buttons-00
Windows8のデフォルト設定では、同じアプリの複数ウィンドウは、タスクバー上でひとつに結合されます。

windows8-separate-taskbar-buttons-01
同じアプリの複数ウィンドウをタスクバー上で、個別表示するとこのようになります。見やすいですね。

アプリを切り替える場合、結合されているよりも個別表示のほうが分かりやすいので、ここではタスクバーのボタンを個別表示する方法を紹介します。

タスクバーのボタンを結合しない

windows8-separate-taskbar-buttons-02
Windowsへサインインし、デスクトップへアクセスします。

windows8-separate-taskbar-buttons-03
マウスカーソルをタスクバー上へもっていき、右クリックするとメニューが表示されるので、その中から「プロパティ」をクリックします。

windows8-separate-taskbar-buttons-04
クリックすると「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」ウィンドウが表示されるので、「タスクバーのボタン」をクリックします。

windows8-separate-taskbar-buttons-05
クリックすると以下の選択項目が表示されるので、ここでは「タスクバーに入りきらない場合に結合」(あるいは「結合しない」)を選択します。

  • 常に結合、ラベルを非表示(デフォルト)
  • タスクバーに入りきらない場合に結合
  • 結合しない

 

windows8-separate-taskbar-buttons-06
設定を反映するために「OK」をクリックします。

windows8-separate-taskbar-buttons-07
するとこのように同じアプリの複数ウィンドウが結合されずに、個別表示されます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

タスクバー関連の人気記事

  1. タスクバーにツールバーを表示 - Windows8
  2. Windows8/8.1 - タスクバーにアプリをピン留め
  3. タスクバーにクイック起動を追加 - Windows8
  4. 通知領域のシステムアイコンを表示 / 非表示 - Windows8
  5. タスクバーの位置を変更 - Windows8
  6. タスクバーに「デスクトップの表示」アイコンを追加 - Windows8

関連記事(一部広告含む)