隠しファイル、隠しフォルダーを表示 - Windows8

Last Update:

Windows8で隠しファイルや隠しフォルダーを表示する方法を解説します。

Windowsのシステム的に重要なファイルやフォルダは、隠しファイル、隠しフォルダーとして設定されており操作(編集や削除)できないように非表示になっています。

しかし、案外!隠しファイルや隠しフォルダーを利用する機会も多いので、非表示から表示に変更する方法を確認しておきましょう。

隠しファイル、隠しフォルダーを表示

windows8-unhide-hidden-file-and-folder-00
エクスプローラーを起動します。

windows8-unhide-hidden-file-and-folder-01
上部メニューから「表示」をクリックします。

windows8-unhide-hidden-file-and-folder-02
クリックするとサブメニューが表示されるので右端の「オプション」をクリックします。

windows8-unhide-hidden-file-and-folder-03
フォルダーオプションが表示されます。上部タブメニューの「表示」をクリックします。

windows8-unhide-hidden-file-and-folder-04
詳細設定の「ファイルとフォルダーの表示」という項目から「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択し、「OK」をクリックします。

これで設定完了です。

windows8-unhide-hidden-file-and-folder-05
例えば、Cドライブ直下をみてみましょう。「ProgramData」フォルダーがうっすらと表示されていることが分かります。

このように隠しファイルや隠しフォルダーは、うっすらと表示されるので通常のファイルやフォルダーと区別することができます。重要なファイルやフォルダーもあるので、取り扱いに注意しましょう。

以上、「隠しファイル、隠しフォルダーを表示」でした~。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

エクスプローラー関連の人気記事

  1. Windows10 - ファイルやフォルダーを共有する方法
  2. フォルダのプレビューウィンドウを表示/非表示 - Windows8
  3. ISOイメージファイルのマウント・アンマウント - Windows8
  4. 隠しファイル、隠しフォルダーを表示 - Windows8
  5. エクスプローラー - ファイル名の変更 - Windows8
  6. Windows8 - ファイルの拡張子を表示する方法
  7. Windows8/8.1 - ファイルやフォルダーの圧縮と展開 - zip形式
  8. エクスプローラーのリボンを無効に - Windows8
  9. Windows8/8.1 - エクスプローラーの「お気に入り」に任意のフォルダを追加

関連記事(一部広告含む)